おすすめ新型ミニバンの大きさを比較!人気ランキング2019

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1

ファミリー層を中心に人気の高まっているミニバンですが、何と言っても買い物やレジャーに家族で移動できる大きさが魅力ではないでしょうか。

7人乗りのできるミニバンにはボックスアタイプワゴンタイプに分けられるのですが、大きさもコンパクトサイズからラージサイズまで揃っています。

色々な大きさを確認することでそれぞれの特徴を比較していきましょう。

スポンサーリンク

新型ミニバンの大きさ比較の概要

外観や内装に個性を出しているミニバンですが、利便性やコストパフォーマンスを考えるとそれだけで決めるのには少々物足りなさを感じてしまいます。

また、単純に大きさだけで見てしまうと高級クラスであるラージサイズが上位を独占することになりますが、内寸に関してはラインナップされた車の順位に変動が出ています。

引用:https://toyota.jp/esquire/interior/space/?padid=ag341_from_esquire_in_space04

・全長

デザイン面で最も車を表現するのに欠かせない部分が車の長さと言えます。

走行性能にも影響が出てくる外観について、長さを比べながら見ていきます。

・幅の広さ

1700mmを境界線に5ナンバーと3ナンバーに分かれてしまうのはご存知かと思われますが、ミニバン市場では5ナンバーに抑えることで税金や維持費などで購入しやすい工夫がされているようです。

あえてワイドボディー化していないことを踏まえて、おすすめできる車種の幅を比べながら見ています。

・室内空間

ミニバンで一番に確認したい点となりますが、広々とした空間によるシートアレンジのみならず、ラグジュアリー感も演出した車も存在します。

外寸と内寸とでどのような違いが出てくるのか、室内を比べながら見ていきます。

引用:https://toyota.jp/esquire/interior/comfort/?padid=ag341_from_esquire_in_comfort06

各メーカーから発売されている人気があるミニバンをラインナップしました。

トヨタのミニバンサイズ

・アルファード、ヴェルファイア
価格:3,376,080円~
重量:1,940kg~2,240kg
外寸:4,950mm×1,845mm×1.935mm
内寸:3,210mm×1,590mm×1,400mm

引用:https://toyota.jp/alphard/exterior/?padid=ag341_from_alphard_navi_exterior

引用:https://toyota.jp/vellfire/exterior/?padid=ag341_from_vellfire_navi_exterior

・エスティマ
価格:3,312,655円~
重量:1,730kg~1,990kg
外寸:4,820mm×1,810mm×1,760mm
内寸:3,010mm×1,580mm×1,255mm

引用:https://toyota.jp/estima/style/

・ヴォクシー、ノア
価格:2,509,920円~
重量:1,560kg~1,620kg
外寸:4,695mm×1,695mm×1,825mm
内寸:2.930mm×1,540mm×1,400mm

引用:https://toyota.jp/voxy/exterior/?padid=ag341_from_voxy_navi_exterior

引用:https://toyota.jp/noah/exterior/?padid=ag341_from_noah_navi_exterior

・エスクァイア
価格:2,664,360円~
重量:1,570kg~1,620kg
外寸:4,630mm×1,775mm×1.575mm
内寸:2.930mm×1,540mm×1,400mm

引用:https://toyota.jp/esquire/

・プリウスアルファ
価格:2,565,000円~
重量:1,450kg~1,480kg
外寸:4,695mm×1,695mm×1,825mm
内寸:2.690mm×1,520mm×1,220mm

引用:https://toyota.jp/priusalpha/style/

・シエンタ
価格:1,776,600円~
重量:1,320kg~1,380kg
外寸:4,260mm×1,695mm×1,675mm
内寸:2.535mm×1,470mm×1,280mm

引用:https://toyota.jp/sienta/design/?padid=ag341_from_sienta_navi_design

コンパクトサイズ、ミドルサイズ、ラージサイズと全ての大きさを網羅した構成となっていますが、トヨタの販売系列店によって同タイプを違う車として扱っているのが特徴的です。

アルファードとヴェルファイア、ヴォクシーとノアおよびエスクアィアはそれぞれ兄弟関係にあり、ほぼ同スペックとしてみなすことができます。

日産のミニバンサイズ

・エルグランド
価格:3,318,840円~
重量:1,910kg~2,160kg
外寸:4,975mm×1,850mm×1,805mm
内寸:3,025mm×1,580mm×1,300mm

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/elgrand/exterior_interior.html

・セレナ
価格:2,440,800円~
重量:1,560kg~1,730kg
外寸:4,690mm×1,695mm×1,865mm
内寸:3,170mm×1,545mm×1,400mm

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/serena/exterior_interior.html

ミドルサイズ、ラージサイズの2つの車を擁しており、2車種とも売れ行きがかなり好調です。

特にセレナはミドルサイズでは圧倒的な人気を誇っており、他のライバル車を抑えて2018年度の売り上げNo.1を獲得しています。

ホンダのミニバンサイズ

・オデッセイ
価格:2,980,000円~
重量:1,750kg~1,880kg
外寸:4,840mm×1,820mm×1,695mm
内寸:2,935mm×1,560mm×1,325mm

引用:https://www.honda.co.jp/ODYSSEY/webcatalog/styling/design/

・ステップワゴン
価格:2,455,920円~
重量:1,660kg~1,820kg
外寸:4,760mm×1,695mm×1,840mm
内寸:3,220mm×1,500mm×1,405mm

引用:https://www.honda.co.jp/STEPWGN/webcatalog/styling/3d/

・フリード
価格:1,880,000円~
重量:1,360kg~1,430kg
外寸:4,265mm×1,695mm×1,710mm
内寸:3,045mm×1,455mm×1,285mm

引用:https://www.honda.co.jp/FREED/webcatalog/styling/design/

コンパクトサイズ、ミドルサイズの2つの車を擁しており、ファミリー層をターゲットとした販売展開をおこなっています。

中でもステップワゴンはセレナに次ぐ人気のある車種で、リヤゲートをドア化した機能などに注目が集まっています。

三菱のミニバンサイズ

・デリカD:5
価格:1,880,000円~
重量:1,360kg~1,430kg
外寸:4,800mm×1,795mm×1,875mm
内寸:2,980mm×1,505mm×1,310mm

引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/delica_d5_standard/grade/p.html

ミドルサイズのみとなっていますが、2019年に入りモデルチェンジを施したこともあり最も勢いのある車です。

三菱自動車の伝統でもあるアウトドアをコンセプトにしているだけあって、様々なシーンで利用できることでしょう。

スポンサーリンク

新型ミニバンの全長比較ランキング

各メーカーを代表するラージサイズとミドルサイズの高級クラスが上位を独占しており、まさに人気を含めて順当と言えます。

全長の長さランキング

1位:エルグランド(日産)
4,975mm

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/elgrand/exterior_interior.html

2位:アルファード&ヴェルファイア(トヨタ)
4,950mm

引用:https://toyota.jp/alphard/exterior/?padid=ag341_from_alphard_navi_exterior

3位:オデッセイ(ホンダ)
4,840mm

4位:エスティマ(トヨタ)
4,820mm

5位:デリカD:5(三菱)
4,800mm

6位:ステップワゴン(ホンダ)
4,760mm

7位:ヴォクシー&ノア(トヨタ)
4,695mm

7位:プリウスアルファ(トヨタ)
4,695mm

9位:セレナ(日産)
4,690mm

10位:エスクアィア(トヨタ)
4,630mm

11位:フリード(ホンダ)
4,265mm

12位:シエンタ(トヨタ)
4,260mm

多くの方の憧れでもあるエルグランド、 アルファード&ヴェルファイアは4,900mmを越えていることからラージサイズと呼ばれていますが、他のミニバンとは比較にならないほど格上の存在となっています。

引用:https://toyota.jp/alphard/?padid=ag367_from_minivan_lineup_alp_cv1

それ以外ではオデッセイやデリカD:5がモデルチェンジしたばかりですので、最新モデルを検討されている方に是非おすすめしたいところです。

エスティマは販売終了の話がカーディーラーからも出ており、大きな値引きが予想されますので確認してみては如何でしょうか。

スポンサーリンク

新型ミニバンの幅の広さ比較ランキング

順位がついている車種は全て3ナンバーとなっており、ワイドボディーを強調するかのように幅の広さを競い合っていることがよく分かります。

全幅の広さランキング

1位:エルグランド(日産)
1,850mm

2位:アルファード&ヴェルファイア(トヨタ)
1,845mm

3位:オデッセイ(ホンダ)
1,820mm

引用:https://www.honda.co.jp/ODYSSEY/webcatalog/styling/design/

4位:エスティマ(トヨタ)
1,810mm

引用:https://toyota.jp/estima/style/?padid=ag341_from_estima_top_1pre_style

5位:デリカD:5(三菱)
1,795mm

6位:エスクアィア(トヨタ)
1,775mm

7位:ヴォクシー&ノア(トヨタ)
1,695mm

7位:プリウスアルファ(トヨタ)
1,695mm

7位:シエンタ(トヨタ)
1,695mm

7位:セレナ(日産)
1,695mm

7位:ステップワゴン(ホンダ)
1,695mm

7位:フリード(ホンダ)
1,695mm

やはり人気の高いラージサイズに注目が集まってしまいますが、3ナンバーと5ナンバーの大きな違いは自動車税率が異なる点で、さらにラージサイズとなると2.0トンを越えることになり重量税率も変わってきてしまいます。

ファミリーカーとして使用することを考えると、少しでも維持費を抑えたいこともあると思いますので順位がつかない5ナンバーの車種を検討するのも一考となります。

スポンサーリンク

新型ミニバンの室内空間比較ランキング

室内空間に目を向けると、順位の様相が一変してきます。

ラージサイズで言えば、 アルファード&ヴェルファイアが成りを潜めてミドルクラスが1位、2位へと上がってきています。

室内の大きさランキング

1位:セレナ(日産)
3,170mm×1,545mm×1,400mm

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/serena.html

2位:ステップワゴン(ホンダ)
3,220mm×1,500mm×1,405mm

引用:https://www.honda.co.jp/STEPWGN/blackstyle/

3位:エルグランド(日産)
3,025mm×1,580mm×1,300mm

4位:エスティマ(トヨタ)
3,010mm×1,580mm×1,255mm

5位:オデッセイ(ホンダ)
2,935mm×1,560mm×1,325mm

6位:ヴォクシー&ノア(トヨタ)
2.930mm×1,540mm×1,400mm

6位:エスクアィア(トヨタ)
2.930mm×1,540mm×1,400mm

8位:アルファード&ヴェルファイア(トヨタ)
2,980mm×1,505mm×1,310mm

8位:デリカD:5(三菱)
2,980mm×1,505mm×1,310mm

10位:フリード(ホンダ)
3,045mm×1,455mm×1,285mm

11位:プリウスアルファ(トヨタ)
2.690mm×1,520mm×1,220mm

12位:シエンタ(トヨタ)
2.535mm×1,470mm×1,280mm

ミニバン販売台数1位のセレナとそれに追随しているステップワゴンが上位を占めており、ミニバン本来の需要と重なり合っている結果になっています。

ラグジュアリー感を求めている層よりも家族で利用したい層の方が多いと言う事なのでしょうが、最終的には人気を両分しているセレナとステップワゴンをおすすめしたいと思います。

新型ミニバンの大きさを比較のまとめ

ミニバンをランキング形式で見てみましたが、やはりファミリー層をターゲットにしている傾向が色濃く出た形となりました。

その一方で、セダンタイプにはないラグジュアリー感を楽しむ方向けのラージサイズも人気が高いことは事実としてあります。

いずれもおすすめすることができますので、ご自身のカーライフに合った一台を見つけてみて下さい。

キャッチ画像:https://toyota.jp/esquire/performance/?padid=ag341_from_esquire_top_performance

この記事を書いた人

にわとりぃ
誰かの為になる記事を書くことを意識して日々精進しています。
この記事があなたの参考になれば幸いです。



下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1