ヴォクシーのタイヤサイズ・費用・備品まとめ!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1

ヴォクシーといえばトヨタの車で有名な車ですよね。

タイヤのサイズは?ヴォクシーってどんな車なの?に答えてみました。

人気の内装について、カラーについても詳しく書いてあります。

ヴォクシーの評判は?トヨタのワンボックスカーのロングセラー車

carlineup_voxy_top_pic_08_01_pc

引用:https://toyota.jp/voxy/grade/special/?padid=ag341_from_voxy_top_recommend_grade_zs_kirameki2_thumb

ミニバンの中では3位という売り上げを誇っているヴォクシーです。

ヴォクシーはワンボックスカーの中でも滑らかに加速することで、ヴォクシー定評があるようですね。

それなりにインテリアも高級感があるとのことで、を購入される方も多いみたいですね。

ワンボックスカーならではのダサい、野暮あったい感じを抑えています。

ワンボックスカーは風などを受けやすいという観点から燃費が悪いイメージがありますよね。

街乗りで8~9L走るというので、ヴォクシーは燃費の方もまずまずではないでしょうか。

今日はそんなヴォクシーのタイヤについて詳しく迫っていきたいと思います。

ワンボックスカーといえば家族感が強いです。

しかし、父になっても、かっこよさを諦めないがテーマのヴォクシーは、やはり見た目もかっこいいですね。

ヴォクシーのカラーバリエーション

ヴォクシーの車体のカラーは何があるのでしょうか。

2-9

引用:https://www.voxy.car-lineup.com/mame/color2.html

カラーバリエーションで人気なのは1位が黒ということです。

一番スタンダードな色合いですし、ヴォクシーのかっこよさに似合っている色です。

汚れが目立たないことから忙しいお父さんが選ぶのも納得できます。

ターゲットが家族を持った父親ということで、落ち着いているブラックがランクインしているのも頷けますね。

3-6引用:https://www.voxy.car-lineup.com/mame/color2.html

2位がブラッキッシュアゲハガラスフレークで、こちらはトヨタのヴォクシー専用カラーとして人気を誇っているんだとか。

4-7引用:https://www.voxy.car-lineup.com/mame/color2.html

3位がホワイトパールクリスタルシャインだそうです。

白は奥様にも旦那様にも、幅広い年齢で無難ですから3位ランクインの理由も頷けますね。

ヴォクシーの内装インテリアについて

carlineup_voxy_interior_cockpit_pic_01-e1547691636797

引用:https://toyota.jp/voxy/?padid=ag341_from_voxy_navi_top

コクピットは運転者を第一に考えられた内装で、視界が良好になっています。

走行中視線移動をなるべく最小で済ませるために真ん中に大きく設置されたモニターに様々な情報が出るということです。

さすが、世界のトヨタですよね。

また同乗者誰でも乗りやすい工夫がされています。

あい

引用:https://toyota.jp/voxy/interior/space/?padid=ag341_from_voxy_in_space04

大開口、低床フロアで子供から高齢者まで乗り降りしやすい工夫がされています。

荷物を間に置いたり、眠ることができるシートでより利便性が高くなりました。

carlineup_voxy_interior_space_pic_08-e1547691675435

引用:https://toyota.jp/voxy/interior/space/?padid=ag341_from_voxy_in_space04

タイヤサイズが関係する車の走行性

exterior-img1

引用:https://toyota.jp/voxy/grade/special/?padid=ag341_from_voxy_top_recommend_grade_zs_kirameki2_thumb

車のタイヤサイズがインチアップすることで走行性が安定すると言われていますが、ヴォクシーはどうなんでしょうか。

一般的に、タイヤサイズが小さくなればなるほどブレーキがかかりにくいなどの弊害が出るものの、乗り心地はいいみたいですよ。

タイヤサイズや費用

exterior-img-e1547691697243:https://toyota.jp/voxy/grade/special/?padid=ag341_from_voxy_top_recommend_grade_zs_kirameki2_thumb

ヴォクシーのタイヤサイズはハイブリッドのZSを除き15インチだそうです。

15インチというと標準的なタイヤサイズになっています。

そしてタイヤのホイールですが、アルミホイールを起用しているとのことです。

冬に備えたい!愛車を守るタイヤ備品

冬になると関東圏でも豪雪になったりと最近は季節が読めませんね。

タイヤはパンクなどの故障をすると、大きな出費となりがちです。

未然にタイヤの摩耗などを防ぎたいものですよね。

そこで便利なのがタイヤチェーンです。

ジャッキアップ不要なタイヤチェーン、乗り心地も良好な一品

fj4561-e1547691714755
引用:https://item.rakuten.co.jp/car-fuji/fj4561/

こちらの品は乗り心地もよい、非金属タイヤチェーンです。

横滑りには弱いものの、関東の積雪くらいであれば十分ヴォクシーのタイヤを雪から守ってくれることでしょう。

金属ではないことから、厚さがなく乗り心地もいいため車酔いしづらいのと騒音にも安心です。

デメリットとしてはしまうときに、がさばりがちな面が上がります。

純正用品の合金鋼チェーンスペシャル

名称未設定10

引用:https://item.rakuten.co.jp/okamoto-p/08325-11060/

横線のタイヤチェーンです。しかも、純正品です。

こちらは非金属制と違い、横滑りしにくい面がポイントです。

金属チェーンのデメリットとしては錆びやすい点が上がるでしょう。

従来製品より機能性アップ!!非金属チェーン

yeti-wd

引用:https://item.rakuten.co.jp/ou-en/yeti-wd17-1098/

切れ目のない非金属チェーンにスパイクが、所々施してあります

その点で、より高度に積雪からタイヤの摩耗や横滑りを防止することができます。

最近の豪雪は関東でも、油断ならないですよね。

これくらいの備えがあった方がいいかもしれません。

ヴォクシーのスタッドレス選ぶなら

スタッドレスのいい点は一度履き替えてしまえば、雪の予報だろうが履きっぱなしです。

前日に慣れないタイヤチェーンを巻く必要もないことから、手軽さや急な雪に適切に対処したい方に向きます。

2018年12月に施行された、積雪時のノーマルタイヤ走行の罰則。スノーチェーンやスタッドレスを履いていないといけません。

では、ヴォクシーのスタッドレス何があるか見てみたいと思います。

ぜひ参考にしてください。

スタッドレスタイヤとホイールを合わせたら破格の値段

195-65r15_1202_a-d (1)

引用:https://item.rakuten.co.jp/maluzen/std_14_195-65-15_kakumei1/

スタッドレスタイヤとホイール、全部合わせてこのお値段なんだそうです。

これは破格ですね。

イエローハットでも安いとこのくらいですから、特段不良品というわけでもなさそうです。

積雪時の急な対応が難しい家族世帯こそ、オススメしたい商品ですね。

ホイールは付属しないものの楽天はスタッドレスが破格

名称未設定11

引用:https://item.rakuten.co.jp/k-s-factory/tl16-20560kr36-4/

こちらの商品はスタッドレスタイヤのみでホイールは付属しません。

しかし、重いタイヤを持ち帰らなくていい面といい安くていいですね。

お店周りをいざ始めようとすると、スタッドレスタイヤがなかなか規格内のがないという問題も遭遇します。

ならば、ネットを駆使してスタッドレスタイヤの値段を見比べてみるのもオススメです。

まとめ

ヴォクシーのタイヤ、冬に向けて気になることも沢山ありますよね。

ヴォクシーを新車で買い換えた人も、モデルチェンジに伴い多いと思います。

いずれにせよ、早めにスタッドレスタイヤやタイヤチェーンを購入しておくと安心できそうです。

アイキャッチ画像引用URL:https://toyota.jp/voxy/grade/special/

この記事を書いた人

洗い屋ケン
洗車屋勤務の新車大好きアラフォーです。
クルマは3年に1度乗り換えるのがモットー。
家族からのブーイングは気にしない質です。

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど
悩みが尽きない…

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1