シエンタとノアを比較!どっちが買い?維持費、燃費、乗り心地などを比較!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1

トヨタで人気の二つのワンボックスカーであるノアとシエンタ。

特に最近、街中でよく見かけますね。

そんな二つの車種で、どっちがいいのか比較してみました。

シエンタの概要

top_cover_pc@2x

引用:https://toyota.jp/sienta/?padid=ag341_from_sienta_navi_top

小さなお子様が乗ることを前提としているシエンタ。

シエンタはお子様と、お買い物に行くときも低床フロアで乗り降りしやすいのがいいところ。

小さいお子様であれば、荷台で楽々着替えることもできますよ。

カラーバリエーションも豊富だからこそ、お子様と好きなカラーのシエンタを選ぶことができます。

ミニバンとして有名なシエンタですから、街乗りでも走りやすく女性でも視界が良好。

女性でも気軽に運転できてしまうのがいいところです♪

ノアはその点、女性だと少し運転しづらい大きさなのでお母さんが運転するかどうかも大事な決めてだと思います。

人気なカラーだと以下が上がります。

  • 1位 ホワイトパールクリスタルシャイン白色
  • 2位 ブラックマイカ黒色
  • 3位 エアイエロー(黄色

以外にもエアイエローではなくホワイトという無難な色が1位でした。

女性でも男性でも癖がない色だからでしょうか。

ノアの概要

white_exterior-img

引用:https://toyota.jp/noah/grade/special/?padid=ag341_from_noah_top_recommend_grade_si_wb2_thumb

同じくトヨタでミニバンのノア。

こちらはその見た目と、ゆとりのあるシートでどちらかというと男性が乗ってもおかしくないというルックスですね。

ノアもファミリー世帯を前提とした、ワンボックスカーとなっております。

bodycolor-car2

引用:https://toyota.jp/noah/grade/special/?padid=ag341_from_noah_top_recommend_grade_si_wb2_thumb

よく街中でも見かけますね。フロントグリルのシルバーがアクセントになっていますね。

ノアの人気カラーは以下になっています。

  • 1位 ホワイトパールクリスタルシャイン *
  • 2位 ラグジュアリーホワイトパールクリスタルシャインガラスフレーク *
  • 3位 ブラック

日本国内の下取りでは白や黒、茶色などの色が下取りでは大きな金額がつくことからなのか、白の人気が強いですね。

「黒だと夏場が暑い。」という意見も聞かれました。

シエンタとノア どっちが乗り心地はいいの?

乗り心地の面での比較はどうでしょうか。

室内の広さではどっちがひろい?

家族で乗るのが前提といえば、その広さを重視する人も多いと思います。

では、ノアとシエンタではどちらのがより広い内装になっているのでしょうか。

どちらも同じゆとりがある3列シートですから、より収納力がある面での比較にしてみました。

家族で乗る前提といえば、室内に広さを求めますよね。

design_seat2_pattern2@2x

引用:https://toyota.jp/noah/interior/?padid=ag341_from_noah_navi_interior

2列目のシートを片方倒して、サーフボードも置けてしまうほどの収納力はあるシエンタ。

3列目のシートが丸々フラットシートになり倒れるのもポイントが高いです。

design_seat2_pattern1@2x

引用:https://toyota.jp/noah/interior/?padid=ag341_from_noah_navi_interior

一方のノアは、これに勝る収納力です。

carlineup_noah_interior_top_pic_02_01_pc

引用:https://toyota.jp/noah/interior/?padid=ag341_from_noah_navi_interior

2列目のシートの足回りに犬を乗せることも可能ということです。

さらにシートの稼働がよく前後により動くことで、幅広い使い方ができます。

carlineup_noah_interior_top_pic_03_01_pc

引用:https://toyota.jp/noah/interior/?padid=ag341_from_noah_navi_interior

2列目の同乗者にも嬉しいアクセサリがいっぱいありますね。

ドリンクホルダーなどは同乗者にも必要ですから嬉しい配慮といえそうです。

内装の面ではノアのが、同じトヨタでもよく考えられた作りになっています。

ルックスではどっちのがかっこいい?

好みによるとは思いますが、より女性も乗りやすい小回りがきくデザインはシエンタだと思います。

その特性によるものなのか女性受けしやすいデザインのために丸みを帯びたデザインになっています。

カラーバリエーションは、シエンタのが多く、カラーカスタマイズをシエンタはすることができます。

ノアに関してはワンボックスカーといえど、その外見のルックスの良さがありますね。

ノアは男性にとってもかっこよく見えるデザインですよね。

design_gallery5_large

引用:https://toyota.jp/sienta/design/?padid=ag341_from_sienta_navi_design

black_interior-img

引用:https://toyota.jp/noah/grade/special/?padid=ag341_from_noah_top_recommend_grade_si_wb2_thumb

シエンタとノア 燃費はどっちがいいの?

では次に、シエンタとノアの燃費はどちらのがいいのでしょうか。

ノアはJC08モードで、23.8キロ走るということです。

同じくトヨタのシエンタではJC08モードで19.6キロから28.8キロで走るということです。

これだけの開きがあるのはシエンタのグレードによる問題といえそうです。

燃費の比較では、ノアのが車体が大きいので燃費がいいのはノアと断定できると思います。

ただし、燃費については運転手の運転の仕方によっても大きく変わります。

燃費をよくしたいのであれば制限速度走行中は一定のメーターでアクセルを維持するというのが必要です。

carlineup_noah_performance_top_pic_01

引用:https://toyota.jp/noah/performance/?padid=ag341_from_noah_navi_performance

緩やかな加速、減速も低燃費には欠かせない要素となることを覚えておきましょう。

シエンタとノア 維持費はどちらが安い?

シエンタとノアは同じ5ナンバーですからその税金に開きはありません。

carlineup_sienta_grade_grade4_08_01

引用:https://toyota.jp/sienta/grade/grade4/?padid=ag341_from_sienta_grade_grade5_gs_2wd_thumb

しかし、燃費で考えるとより大きい車体を求めるのであればノアがいいということがわかります。

black_exterior-img

引用:https://toyota.jp/noah/grade/special/?padid=ag341_from_noah_top_recommend_grade_si_wb2_thumb

対して、シエンタくらいの車体でも満足できるというならば燃費はシエンタのがいいので家族のニーズにもよると思います。

まとめ

top_seat3_3@2x引用:https://toyota.jp/sienta/?padid=ag341_from_sienta_navi_top

世界のトヨタだけあり、その2車種ともとても選べないいいところがありますよね。

そんな時は自分たち家族がなにを求めているかを考えることで、より上手な比較ができていい車種とめぐり合うことができますよ。

この記事を書いた人

ロケットマン

神奈川県在住、医療業界で働く30代。

休日はドライブしたり読書や運動をして過ごしてます。

気になる車の情報をお届けしていきます。

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど
悩みが尽きない…

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1