トヨタハイエースVS日産キャラバンを比較した場合の維持費・安全性・燃費や乗り心地はどうか

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1

プライベートでもビジネスでも人気の高いワンボックス車。

その中でも人気の高いトヨタのハイエースと日産キャラバンについて比較してみました。

スポンサーリンク

維持費や安全性の違いで考えるトヨタハイエースVS日産キャラバン

carlineup_hiacevan_top_3_36_pc

引用:https://toyota.jp/hiacevan/

トヨタハイエースVS日産キャラバンはネット上でもよく話題になります。

似ているところが多い車同士はどうしても比較されてしまう宿命を持っています。

ワンボックス車の中では二大巨頭と呼ばれるトヨタハイエースと日産キャラバンですが、それぞれ選ぶポイントがあります。

貨物用の4ナンバー仕様だと似たようなラインナップになりますが、ワゴンだと違いがあります。

トヨタハイエースは全車がワイドボディですが日産キャラバンは標準ボディも用意されています。

車を購入する場合に重要ポイントとなるのが維持費です。

燃費は維持費に大きく関係しますが、同じ4ナンバーのバン仕様をチェックしてみるとカタログ燃費ではわずかな差になっています。

ほんの少しだけハイエースの方が上です。わずかな差であっても年間数万km走る場合は無視できない数字になります。

シビアに燃料削減を考えた場合はハイエースが有利です。

車の運転で重要なのが安全性ですが、先進安全装備をチェックしてみると自動ブレーキの装備はトヨタハイエースも日産キャラバンも搭載可能になっています。

トヨタハイエースの場合は、単眼カメラとレーダーを装備して歩行者を認識することができます。

日産キャラバンはレーダーのみで対象も車両に限定されています。
nv350_1707_exterior_001.jpg.ximg.l_12_h.smart

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/nv350caravan.html

中古車の状況を見てみるとトヨタハイエースの方が高値が付きやすいです。

トヨタは世界的なブランドなので同じ中古車よりも需要があります。

トヨタハイエースは信頼性やデザインを重要視する人に選ばれやすい車で、日産キャラバンは自動ブレーキが標準装備されているため安全性を重視する人に選ばれる傾向があります。
carlineup_hiacevan_top_3_25_pc

引用:https://toyota.jp/hiacevan

ビジネスに使用する商用車ではハイエースの方が若干ニーズにマッチしています。カスタムで人気が高いのもトヨタハイエースです。

カスタムパーツメーカーは販売台数が多い車種に注力するので、ハイエースに分があります。

ただそれほど大きな違いはないので、こだわりが少ない場合は好みの問題になります。

スポンサーリンク

トヨタハイエースVS日産キャラバンを燃費性能を軸に比較してみました

carlineup_hiacevan_top_50th_pc

引用:https://toyota.jp/hiacevan/

トヨタハイエースVS日産キャラバンはもう永遠のライバルといって良いかもしれません。

昔から常に比較され続けてきたという事も言えるかもしれませんが、ここでは敢えてこの両者を比較検討して見たいと考えます。
nv350caravan_1711_exterior_interior_01.jpg.ximg.l_12_h.smart

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/nv350caravan.html

まずは燃費性能ということになりますが、ハイエースは11.0km/Lなのに対して、キャラバンは9.9km/Lということになっています。

これだけ見れば若干ではありますがハイエースというように見えるかもしれませんが、この燃費を気にしているということは、本体価格を含むコストを気にしているという事になるでしょうから、本体価格も比較しなければなりません。

すると新車価格でハイエースは¥2,346,545なのに対して、キャラバンは¥2,239,920となっていて、これだとキャラバンの方が良いというように考えてしまう人もいるでしょう。

これに加えて値引きがどこまであるのかという事も考えなければなりませんが、この値引きがいくらになるのかという事は、見積もりを出してみなければ分からないという事にもなるでしょうから、ここでは比較材料としては外すことにします。

本体価格として10万円前後の差があるのですが、この差が燃費と合わせて考えた時にはどちらがコストパフォーマンスが良くなるのかというと、これは悩みどころという事にもなるのかもしれません。

結局こっちの方がお得というような判断は難しいという他ありません。

何を重視するのかは人によって異なる事になるはずですから、その人の重視するものによって判断が全く違う事になるというしか無いのでしょう。

好みの範疇に入ると言えるかもしれません。

コストパフォーマンス的に大きな違いが無いという事になれば、後はデザイン的なところであったり、会社の信用性や、個人の好みが大きく判断材料として影響してくる事になります。

性能などの他の部分もほとんど似たようなものと考えていいはずですから、最後は個人が自分の好き勝手に選ぶしかありません。

スポンサーリンク

乗り心地の快適さで選ぶトヨタハイエースVS日産キャラバン

carlineup_hiacevan_gallery_3_07_lb

引用:https://toyota.jp/hiacevan/

車を選ぶときにスペックだけでなく乗り心地も重視して選ぶ人は多いです。乗り心地がよいことで知られるのがトヨタハイエースと日産キャラバンで、よく比較されています。

永遠のライバル車と呼ばれるトヨタハイエースVS日産キャラバンですが、その理由はターゲットが一致しているからです。

装備もサイズも価格もほぼ同じなので、選ぶのに困っている人もいます。

細かくチェックすると、少しの違いはあります。日産キャラバンの魅力はシャープなデザインです。

トヨタハイエースに比べて洗練されているという評価もあります。

装備ではブレーキが優秀で、車両の前方に配置されているレーダーが前の障害物との距離をはかっています。

車が衝突しそうになった場合は、自動でブレーキをかけて衝突を回避してくれます。

車の走行で重要なことは安全性なので、優秀なブレーキの存在は大きいです。
nv350_1803_exterior_interior_th3_001.jpg.ximg.l_full_h.smart

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/nv350caravan.html

日産キャラバンは荷物室に埋め込まれているナットに市販のボルトを取り付けることができます。

物質に様々なものを固定できるので便利です。トヨタハイエースのリアシートは倒すと人が乗れなくなります。

日産キャラバンは左右分割して倒せるのがポイントです。

長いものでも積み込んで4人乗車できるので、ビジネス使用している人から好評を博しています。

ブレーキも足踏み式を採用しているので使いやすいです。

トヨタハイエースは世界的に有名なブランドだという強みがあります。販売台数が多いのでカスタムパーツが豊富にあります。
nv350_1707_exterior_005.jpg.ximg.l_12_h.smart

引用:https://toyota.jp/hiacevan/

日本では自分好みにカスタマイズする人も多いので、自由にカスタマイズできるのはポイントが高いです。

車を購入するときに売るときのことを考える人もいますが、売ることを重要視している人はトヨタハイエースを購入する傾向があります。

トヨタハイエースは日産キャラバン以前から海外に輸出されていてネームバリューがあります。

トヨタ自体が世界的な人気企業であることもポイントが高いです。

日本で使われていたハイエースが海外で活躍することも多く、市場価値が下がりづらいというメリットがあります。

単に乗り心地で選ぶとしたら、日産キャラバンに軍配があがります。

スポンサーリンク

トヨタハイエースVS日産キャラバンは評価で差が出ています

carlineup_hiacevan_gallery_3_05_lb

引用:https://toyota.jp/hiacevan/

日本の自動車は数多く存在していますが、それぞれの特徴がありユーザー層のターゲットも様々となっています。

その多様な自動車事情の中で特にライバル関係にあるとされる車種が「トヨタハイエース」と「日産キャラバン」です。

ユーザー層やターゲットなどがほとんど一致している事が特徴で、どっちを購入するか迷ってしまう方もいらっしゃるでしょう。

そこでここではトヨタハイエースVS日産キャラバンとして、それぞれの特徴や魅力などを紹介していきます。

共にワンボックスタイプで車内の空間効率に優れている事が特徴です。
nv350_1707_BanWB&MicroB_004.jpg.ximg.l_6_h.smart

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/nv350caravan.html

車両のタイプ的に使用条件が過酷である事が見られ、配送などでの使用も想定されている事から荷物を積みながら、あらゆるルートを走行するケースが多く見られます。

このような性能で販売されている両者ですが、ほとんど性能的には優越がないにも関わらず販売台数は大きな差が出ている事が特徴です。

ハイエースの登録台数は2018年のある時期を切り取ると5万台前後となっており、一方で日産キャラバンは2万台前後となっています。

性能的に現在では遜色のない両者の売上の差がある理由として「評価の口コミ」が影響しています。

ハイエースの方が歴史が古く、商用車としての利用が主となっており、同業者のネットワークで評判を高めていました。

その時代は口コミの評価が信頼性を持っていたので、新規の利用者もハイエースを購入するといった流れが一般的となっていたようです。

そのような現状から日産キャラバンもクオリティの強化を図り、ボディの強化やエンジンの効率性に着手していきました。

徐々に認知度や信頼性を高めていき、売上の面でも増加傾向と転じています。

数年前ではハイエースの売上の15%程であった販売数が現在では42%程まで高めました。

車両の性能的には大差が無い両者なので、日産キャラバンは独自の宣伝や評価の向上によって、ハイエースに劣らないような存在になりうる可能性を持ち合わせています。

キャッチ画像引用:https://toyota.jp/hiacevan/

この記事を書いた人

マーサ
定年を過ぎ時間をもて余しています。たまのドライブには湘南・鎌倉・箱根エリアを乗りまわしています。



下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1