CX-8vsアウトランダーPHEV比較!どっちを買う?維持費・燃費・乗り心地も

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1

最近では、ファミリーカーとしてSUVを選択する人が増えてきました。

SUVというと燃費が悪いイメージや、普段使いには不便というイメージがありましたが、ハイブリッドモデルやディーゼルモデルの登場により、そういった不安も低減されてきています。

今回は、ファミリーカーとしても選ばれやすいSUVの代表として、マツダのCX-8と三菱のアウトランダーPHEVを比較していこうと思います。

CX-8vsアウトランダーPHEV エクステリア比較

K0000962484

引用:http://www.mazda.co.jp/cars/cx-8/

K0000452195

引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/outlander_phev/

まずは、CX-8とアウトランダーPHEVのエクステリアを比較してみようと思います。

参考までに、両者の価格帯を比較してみるとこのようになります。

  • CX-8:2,894,400~4,460,400円
  • アウトランダーPHEV:3,939,840~5,090,040円

ベースグレードでは100万円弱、最上級グレードでも50万円ほどアウトランダーPHEVの方が値段が高いようですね。

全車4WDのアウトランダーPHEVに対して、CX-8はグレードによっては2WDのみの設定になることもあります。

駆動方式と燃費の条件を近づけようとすると、CX-8はクリーンディーゼルの4WDを選択することになりますが、この場合の最低価格は3,607,200円です。

この30万円の価格差を高いとみるか安いとみるかは、単純な外観の比較だけでは判断が難しそうですね。

181025_cx8_exterior_img_01.ts.1810250229370000

エクステリアデザインにおいては、マツダの魂動デザインの美しさを表現したCX-8の方がよく作りこまれていると感じます。

今にも動き出しそうな躍動感を持ちながら、エレガントな大人の高級感を併せ持つ素晴らしいデザインですね。

exterior_02 (1)

アウトランダーPHEVも、三菱らしい無骨でいぶし銀な雰囲気と新しさを合わせたいいデザインではありますが、CX-8と並べてしまうとやや見劣りする部分があるかもしれません。

SUVらしい見た目という点では、アウトランダーPHEVの方がそれを感じさせてくれますが、車両価格が400~500万円を超えてくる車と考えると若干物足りなさを感じる人も少なくないでしょう。

cx8outlanderphev

CX-8とアウトランダーPHEVのボディサイズや車重などのデータを比較すると上の表のようになります。

ボディサイズでは、CX-8の方がワンランク上の大きさになっていますが、車重を比べてみるとアウトランダーPHEVの方が最大で200kg近く重たくなるようです。

どちらも全幅が1,800mmを超えている車ではありますが、CX-8の最小回転半径5.8mという大きさに対して、アウトランダーPHEVは5.3mであることを考えると取り回しにかなりの違いが出てきそうですね。

CX-8vsアウトランダーPHEV 維持費比較

181025_cx8_driving_img_sky.ts.1810250229320000

引用:http://www.mazda.co.jp/cars/cx-8/

ここでは、CX-8とアウトランダーPHEVの維持費を比較してみたいと思います。

※ガソリン代は、年間1万キロ走行すると仮定し、執筆時点(1月20日)の全国平均価格(レギュラー:137.1円/軽油:119.1円)で計算しています。また、保険料と駐車場代については条件によって大きく異なるため同じ金額にしています。

CX-8の維持費

181025_cx8_exterior_img_02.ts.1810250229370000

引用:http://www.mazda.co.jp/cars/cx-8/

CX-8には、2.5Lのガソリンモデルと2.2Lのクリーンディーゼルモデルがラインナップされているので、それぞれの維持費を比較してみようと思います。

ガソリンモデルについては2.5L/ 2WD、クリーンディーゼルモデルは2.2L/4WDモデルの数値で計算しています。

cx8cost

CX-8のガソリンモデルとクリーンディーゼルモデルを比べてみると、5万円近くクリーンディーゼルモデルの方が維持費を抑えられるようです。

実際は、エコカー減税が適用されるクリーンディーゼルモデルの登録次年度の自動車税は半額になるので、ここから25,000円ほど抑えることができます。

しかし、ハイブリッド車であるアウトランダーPHEVと比べてしまうと、燃費がいいと言われているクリーンディーゼルモデルでも維持費の面では差をつけられることがありそうです。

アウトランダーPHEVの維持費

exterior_01 (1)

引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/outlander_phev/

アウトランダーPHEVは、全車プラグインハイブリッドカーなので、エコカー減税がある場合と全くない場合でそれぞれ計算してみました。

outlanderphev

アウトランダーPHEVに搭載されるエンジンは、2.4Lエンジンなので、自動車税はそれなりにかかってきます。

しかし、エコカー減税対象者であり、登録次年度には自動車税が最大で29,500円安くなり、重量税は非課税となります。

それに加えて、燃費も非常に優れているので、年間の維持費をCX-8よりもかなり安く抑えることができそうです。

CX-8vsアウトランダーPHEV 燃費比較

2019-01-21

引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/outlander_phev/

続いて、CX-8とアウトランダーPHEVの燃費性能を比較してみようと思います。

  • CX-8:12.0km/L [NA] / 13.4km/L [ターボ] /17.0~17.6km/L [ディーゼル]
  • アウトランダーPHEV:18.6km/L

プラグインハイブリッドということで、燃費性能の面ではアウトランダーPHEVの方が優秀ですね。

アウトランダーPHEVよりもボディサイズが大きく、ハイブリッドでもないCX-8もクリーンディーゼルの燃費が17.0~17.6km/Lというのはかなり健闘していると言えます。

181025_cx8_safety_hero.ts.1810250229380000

引用:http://www.mazda.co.jp/cars/cx-8/

もちろん、単に燃費のいい車を選ぶのであればプリウスのような車を選ぶのが一番ですが、SUVという高性能な車でこれだけの燃費をたたき出しているという点は非常にすばらしいことだと思います。

CX-8もアウトランダーPHEVも、車重が1.9トン前後あることを考えると、非常に優れた燃費性能であると言えます。

走行性能でも高い評価を得ている両者ですが、環境にもいいとなるとより選びやすくなりますね。

CX-8vsアウトランダーPHEV 乗り心地比較

181025_cx8_interior2_hero.ts.1810250229350000

引用:http://www.mazda.co.jp/cars/cx-8/

CX-8やアウトランダーPHEVは、一人で乗る車というよりは、後部座席にも人を乗せることを前提に選ばれる車です。

ファミリーカーとして使うことを考えると、SUVとはいえ、ある程度の乗り心地は確保しておきたいですよね。

ここでは、それぞれの気になる乗り心地についてまとめておきます。

CX-8の乗り心地

cx-8-interior

引用:http://www.mazda.co.jp/cars/cx-8/

CX-8は、街乗りをメインターゲットにしたクロスオーバーSUVということで、その乗り心地は普通の乗用車にかなり近い感覚です。

最低地上高が普通の車より高い分、車に乗り込む際にSUVであることを実感しますが、座ってみると本当に普通の車のように感じます。

内装やシートの作りもよく、車内の静粛性も高いので、長距離のドライブでも同乗者に疲れを感じさせにくいです。

2列目シートも十分なスペースを確保されているので非常に快適です。

ただし、3列目シートについては燃料タンクなどの都合上、足元が高くなっているので、大人の男性などは少々辛いかもしれません。

181025_cx8_interior1_hero.ts.1810250229300000

引用:http://www.mazda.co.jp/cars/cx-8/

CX-8は、ドライバーの快適性についてもよく作りこまれている車で、最適なドライビングポジションを取りやすいので長時間の運転でも疲労がたまりにくいです。

クリーンディーゼルエンジンは、静粛性も高く、また、ガソリン車に近いフィーリングでよく回るので本当に運転していて楽しい車です。

アウトランダーPHEVの乗り心地

interior_01 (1)

引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/outlander_phev/

アウトランダーPHEVは、全車5人乗り仕様になっています。

ガソリン車のアウトランダーと比べると、シートに高級感を感じさせられますね。

アウトランダーPHEVは、プラグインハイブリッドモデルなので、走行中も非常に静かで、音楽や同乗者との会話を存分に楽しむことができます。

3列シートの設定はないものの、荷室スペースが広く確保されているので、アウトドアでも大活躍してくれそうです。

interior_03 (1)

引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/outlander_phev/

内装デザインのほとんどは、ガソリンモデルのアウトランダーと同様のものになっていますが、シフトレバーやセンターコンソールが全く違うものになっています。

アウトランダーPHEVはガソリンエンジンに加え、前後のモーターで合計305PSを発揮します。

(128PS[エンジン]+82PS[モーター前]+95PS[モーター後]=305PS)

トルクについても、44.2kgf・mという太いトルクをモーターの力で全域で発生するので、ガソリン車とは全く異なる異次元の走りを楽しむことができます。

(20.3kgf・m[エンジン]+4.0kgf・m[モーター前]+19.9kgf・m[モーター後]=44.2kgf・m)

全体的な乗り心地は、CX-8と比べると固めに感じると言われていますが、車内への不快な振動などは少ないので、SUV車の中では比較的乗り心地はいいほうだと思います。

CX-8vsアウトランダーPHEVの比較まとめ

CX-8vsPHEV1

引用:http://www.mazda.co.jp/cars/cx-8/:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/outlander_phev/

CX-8とアウトランダーPHEVをいろいろと比較してみましたが、一口にSUVといってもやはりいろいろな部分で違いが出てきますね。

アウトランダーPHEVは、CX-8よりも価格が高くなってしまいますが、高い燃費性能とモーターの力を活かした力強い走りのおかげで雪道などの悪路でも安心して運転することができます。

また、アウトランダーPHEVは、アウトドアでもトースターやドライヤーといった電化製品を使えたり、蓄電した電気を家庭用の電気として使うこともできます。

対するCX-8は、日本車離れした上質なインテリアと美しいエクステリアを持ち、ガソリン車もクリーンディーゼル車も車格を感じさせない力強い走りを楽しめます。

車内もそれなりに広いので、大人数での移動ではCX-8の方が便利そうです。

大人数でのロングドライブやスタイリングで選ぶならCX-8、アウトドアでの実用性や環境性能の高さではアウトランダーPHEVに軍配があがりそうですね。
 
アイキャッチ画像引用:引用:http://www.mazda.co.jp/cars/cx-8/・https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/outlander_phev/

この記事を書いた人

まさ
小さいころから車が大好きで、
当時はすれ違う車の名前はほとんど全部言えました。

これから車の詳しい情報をわかりやすくご紹介していきます。

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど
悩みが尽きない…

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1