新型RAV4で車中泊は可能なの?ボディーサイズなど様々な面から調査!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1

2019年春に国内復帰が決定している新型RAV4。

既に国内で発売されているハリアーがラグジュアリーSUVという立ち位置なら、新型RAV4はアウトドアに着目したSUVとなっており「Adventure」という名前のアウトレジャーに特化したグレードも存在します。

さて、アウトドアという単語を聞いてキャンプを思い浮かべる人は多いのではないでしょうか?

現代の車には様々な機能が備わっている為、大きいボディーサイズの車をテント代わりに使用しキャンプを行う人も増えていますよね。

では、アウトドア思考が強い新型RAV4でも車中泊を行うことは可能なのでしょうか?

ボディーサイズや様々な情報から調べてみましょう。

新型RAV4で車中泊は可能?

s_RAV_MY19_0060_V001

引用:https://www.toyota.com/rav4/photo-gallery/exterior/15

新型RAV4で車中泊は可能なのでしょうか?

新型RAV4は発売前の車種となっており、公式ホームページが開設されてはいますが詳細な情報の記載がなくこのホームページからは多くの情報を手に入れることが出来ません。

しかし、日本に先立ち新型RAV4は北米で既に発売が開始されています!

このモデルは国内に投入される車と大きな差は無いと考えられる事から北米版の情報を色々と調べてみました!

その結果、新型RAV4での車中泊は十分に可能であると考えられます!

では、その根拠を順にあげていきます。

新型RAV4のボディーサイズは?

s_RAV_MY19_0011_V002

引用:https://www.toyota.com/rav4/photo-gallery/exterior/9

まず注目して欲しいのは新型RAV4のボディーサイズ。

車中泊を行うときは2列目シートを倒し、ラゲッジスペースをフラットとし就寝スペースにするのが一般的である為、後部座席格納時の広さが重要になってきます。

しかし、先ほどお話しした通り日本国内で発売される新型RAV4の情報はまだ乏しく、この大きさに関するデータは現在までに見つけることが出来ませんでした。

ですが、北米モデルの新型RAV4のボディーサイズは既に公表されていますので、このボディーサイズをライバル車と比較し新型RAV4の後部座席格納時のラゲッジスペースの広さを予想してみようと思います。

北米モデルの新型RAV4のボディーサイズは全長×全幅×全高=4600mm×1855mm×1685mmです。

国内で既に販売されている車種でこのボディーサイズに近い車は新型RAV4のライバル車となっているCR-VやCX-5、エクストレイル、フォレスターなどですね。

それぞれのボディーサイズを調べてみたのですが、結果は以下の通りでした。

saizu

どの車も新型RAV4のボディーサイズと大きく変わりありませんよね。

という事は新型RAV4の後部座席格納時の広さはこれらの車種と極端な差は無いと考えられます。

では、次にライバル車種の広さが車中泊を行うのには適しているのか考えてみましょう。

ライバル車の1つであるCR-Vの後部座席格納時の広さは最大奥行き×最小幅×高さ=1850㎜×1045㎜×850㎜となっています。

日本の成人男性の平均身長は172cm前後となっており、この身長の人の肩幅が約40cm、座高が92cmと言われている事から、CR-Vの後部座席格納時のラゲッジの広さはこの体形の男性が寝るには十分なスペースが存在しますよね。

また、横幅を考えるとどの車も2名分の肩幅よりも長くなっている事から平均体形の男性が2名寝る事も十分可能でしょう。

平均的な男性が寝れるなら女性も問題なく車中泊を行えるとも考えられますよね。

ライバル車の後部座席格納時のラゲッジの広さが車中泊に適した広さとなっている為、同等のスペースが確保できると予想される新型RAV4も車中泊に適していると想像出来ますよね。

ライバル車から予想した後部座席格納時のラッゲジスペースの広さや平均的な成人男性の体形から考えた結果、新型RAV4は車中泊を行うのに十分なスペースが確保されていると考えられます。

新型RAV4のラゲッジスペースの容量は?

s_2

引用:https://www.toyota.com/rav4/rav4-features/

次に新型RAV4のラゲッジスペースの容量について見て行きましょう。

当然の話ですが、容量が大きければそれだけ確保できている空間も大きくなっているはずですので、ラゲッジスペースの容量と就寝スペースの内寸は比例関係にあるはず!

さらに、新型RAV4はクラストップレベルのラゲッジスペースの容量を実現したと発表されている事から、かなりの大きさが期待されます。

現在発表されている情報を調べた結果、新型RAV4のラゲッジスペースの容量は580ℓとかなり大きな物となっている事がわかりました。

では、この容量を先ほど比較したライバル車と比べてみましょう。

ラゲッジ 容量

かなり大きな事が解りますよね?

この事から考えて、新型RAV4の就寝スペースはライバル車と同等、もしくはそれ以上の空間が確保できていると思われます。

新型RAV4のフォトギャラリーから最大奥行きを予想

先程お話したとおり、新型RAV4の内寸はまだ公表されていません。

しかし、北米モデル新型RAV4のホームページに存在するフォトギャラリーの1枚から「奥行きをある程度予想できるのでは?」と思われます。

その写真がこちらです!
s_RAV_MY19_0004_V002

引用:https://www.toyota.com/rav4/photo-gallery/interior/7

多くの荷物が積み込まれており、新型RAV4の積載性能が非常に高い事が良く解る写真ですよね。

さて、そんな荷物の中でひときわ目を引くのサーフボード!

助手席ギリギリまで積み込まれていますよね。

もしこのサーフボードの長さが解れば物差し替わりになり、奥行きをある程度想像できるのではないでしょうか?

そこでサーフボードの長さについて色々調べてみました。

調べた結果、このサーフボードはおそらくショートボードの種類に分類されていると思われ、ショートボードの長さは一般的には177.8~190.5㎝程度と言われているそうです。

若干斜めに置かれているように見える事からこの長さよりも短くなるとは思われますが、少なく見積もって170㎝以上はあるのは確実そうですね。

サーフボードの長さを物差し替わりとして新型RAV4の奥行きを想像してみたのですが、成人男性の平均身長以上は確保できていると思われます。

新型RAV4のラゲッジスペースの形状は?

今まで就寝スペースの大きさについて色々と予想してきましたが、快適な車中泊を行う為にはもう1点気にすべき部分がありますよね。

それが後部座席を倒した時のラゲッジスペースの形状。

快適な睡眠を取る為には就寝スペースが完全なフラットの方が断然良いのは言うまでもありません。

ところが最近の車種で後部座席を倒し完全にフルフラット形状になる車は珍しく、なかなか目にする事が出来ないのが現状です。

アウトレジャー要素の強いエクストレイルも2代目は完全なフルフラットを再現されていましたが、3代目へのフルモデルチェンジ時にフルフラットではなく後に傾く形状となってしまった為、車中泊にはやや不向きの車になってしまったと評価されていました。
s_3_waifu2x_art_noise1_scale_tta_1

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/x-trail/interior/luggage.html

こちらの写真がエクストレイルが後部座席を倒したときの画像なのですが、やや後傾していることが解りますよね。

では、新型RAV4の形状はどの様になっているのでしょうか?

この点に関しては色々と調べたのですが、フルフラットなのか傾斜がかかるのかがハッキリするような写真や情報が見つけられませんでした。

後部座席を倒した写真は車のホームページによく掲載されているのですが、新型RAV4に関してはまだ未発表のようですね。

ただし、仮に就寝スペースに傾斜がかかったとしても車中泊用のマットを使用する事でこの問題を解消する事が可能ですので、「傾斜がかかる=車中泊がムリ」という事にはなりません。

先ほどお話ししたエクストレイルも車中泊専用マットを使用する事でこの傾斜の問題を解消する事ができ、快適な車中泊を行う事が出来ると多くの情報が寄せられています。

その為、この傾斜の問題は工夫次第で解消できるでしょう。

後部座席格納時の広さは予想の域を出ませんが、新型RAV4は平均的な成人男性が寝るには十分な就寝スペースを確保する事が出来ており、仮にフルフラットとならなかったとしてもこの問題を解消する事は可能である為、車中泊を行うには問題がない車だと考えられます。

詳細な情報が解り次第、後部座席格納時の広さやラゲッジスペースの形状については追記していきますので楽しみに待っていてくださいね!

キャッチ画像引用:https://www.toyota.com/rav4/photo-gallery/exterior/2

この記事を書いた人

桃鉄@稚内
車やバイクが好きな30代男性。
知らない土地に行き色々な風景を見るのが趣味。

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど
悩みが尽きない…

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1