ヴェゼルvsアウトランダー徹底比較!どっちが買い?維持費・燃費・乗り心地は?

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1

ホンダ・ヴェゼルは、SUVの力強さ、ミニバンの使いやすさ、クーペの艶やかさ、高い燃費性能を兼ね備えたコンパクトクロスオーバーSUVとしてトップクラスの人気を誇ります。

対するアウトランダーは、全世界で約66万台の販売を達成したミドルサイズSUVの2代目で、高い安全性能が評価されています。

今回は、ヴェゼルとアウトランダーはどっちが買い?なのかについて、維持費や燃費、乗り心地などについて徹底比較していきたいと思います。

ヴェゼルかアウトランダーのどっちを買おうか悩んでいる方の参考になれば幸いです。

ヴェゼルvsアウトランダー比較!どっちが買い?

さっそくヴェゼルとアウトランダーの車体価格から比較したいと思います。

◎ヴェゼルの価格

まずはヴェゼルからですが、ヴェゼルはハイブリッド車とガソリン車が販売されており、排気量が1.5Lとなっています。

ハイブリッド車(4WD):2,676,000円~2,926,000円(税込)

ガソリン車(FF):2,075,000円~2,475,000円(税込)

ガソリン車(4WD):2,291,000円~2,381,000円(税込)

ヴィゼル4

引用:https://www.honda.co.jp/VEZEL/

◎アウトランダーの価格

対するアウトランダーはガソリン車のみの販売で、排気量は2.0L2.4Lの直列4気筒ガソリンの2種類となっています。

2WD:2,668,680円〜3,083,940円

4WD:2,940,840円〜3,356,100円

アウトランダー1

引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/outlander_gasoline/

ヴェゼルとアウトランダーの新車価格を比較してみました。

同じグレードで比較してもヴェゼルよりアウトランダーが60万円〜70万円程高いですね。

ガソリン車のみのエクリプスクロスですから、ヴェゼルのお買い得感が際立ちます。

価格についてはヴェゼルの勝ちです。

ヴェゼルvsアウトランダー 維持費比較

次にヴェゼルとアウトランダーの維持費を比較したいと思います。

◎ヴェゼルの維持費

燃費詳細年額
自動車税1.5L:34,500円

1年毎

34,500円
任意保険35歳

車両保険あり

60,000円
ガソリン代年間1万キロ

実燃費:13.3km/L

レギュラー150円/L

112,781円
車検代85,000円

2年毎

42,500円
タイヤ代215/60R16

4本=50,457円

3年毎

16,819円
オイル交換5,000円

年1回

5,000円
駐車場代10,000円

全国平均

120,000円
合計 391,600円
ヴィゼル 走行

引用:https://www.honda.co.jp/VEZEL/

◎アウトランダーの維持費

燃費詳細年額
自動車税2.0L:39,500円

(2.4L:45,000円)

1年毎

39,500円
任意保険35歳

車両保険あり

60,000円
ガソリン代年間1万キロ

実燃費:11.5km/L

レギュラー150円/L

130,434円
車検代85,000円

2年毎

42,500円
タイヤ代225/55R18

4本=54,000円

3年毎

18,000円
オイル交換5,000円

年1回

5,000円
駐車場代10,000円

全国平均

120,000円
合計 415,434円

アウトランダー走行

引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/outlander_gasoline/

ヴェゼルとアウトランダーの維持費について表にまとめてみました。

年間の維持費で比較すると約24,000円アウトランダーの方が高いことになります。

ただ、月額で換算すると約2,000円の差ですから、そこまで大きな差とは言えないのではないでしょうか。

表の駐車場代は地域によってかなり差がありますから、あくまで参考です。

また通勤等で高速道路を使用する方は高速代金がかかりますし、走行距離が長距離になると当たり前ですがガソリン代もかかりますので、この辺りはドライバーによって変動するところになります。

以上より、維持費に関しては僅差ですがヴェゼルの勝ちとなりました。

ヴェゼルvsアウトランダー 燃費比較

続いてはヴェゼルとアウトランダーの燃費比較です。

毎日運転する方や走行距離が長い方ですと、燃費がやっぱり気になりますよね。

ますはヴェゼルとアウトランダーのカタログ燃費から比較します。

ヴィゼル ガソリン車2

引用:https://www.honda.co.jp/VEZEL/

◎ヴェゼルのカタログ燃費

・ハイブリッド車 23.2km/L~27.0km/L

・ガソリン車   19.6km~21.2km/L

◎アウトランダーのカタログ燃費

・ガソリン車   14.6〜16.0km/L

カタログ燃費ではヴェゼルが圧倒的に低燃費でした。

ガソリン1Lあたり5kmと大きな差が出ています。

実燃費でも比較してみましょう。

アウトランダー2

引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/outlander_gasoline/

◎ヴェゼルの実燃費

・ハイブリッド車 17.5km/L

・ガソリン車   13.3km/L

◎アウトランダーの実燃費

・ガソリン車       11.5km/L

アウトランダー内装2

引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/outlander_gasoline/

ヴェゼルとアウトランダーの実燃費を比較したところ、ヴェゼルの燃費がガソリン1Lあたり1.8km良いことがわかりました。

走行距離が長いドライバーにとっては大きな差になりますが、休日ドライバーやあまり運転しない方にとってはたいした差にはならないのかもしれません。

カタログ燃費ほどの差は出ませんでしたが、燃費比較の結果はヴェゼルに勝ちでした

ヴェゼルvsアウトランダー 乗り心地比較

通勤などで毎日運転する方や長距離ドライバーにとっては、乗り心地を生重視するという方もいるのではないでしょうか。

乗り心地の良さを左右するポイントとして、タイヤやホイールなどのサイズによって足回りの安定性です。

足回りがしっかりしているほど車の乗り心地が向上します。

ここではヴェゼルとアウトランダーの乗り心地について比較してみたいと思います。

比較するにあたって、実際にヴェゼルとエクリプスクロスの乗り心地についての口コミを見ていきましょう。

ヴィゼル 内装 黒1

引用:https://www.honda.co.jp/VEZEL/

◎ヴェゼルの乗り心地の口コミ

・振動がほとんど感じないので快適。

・路面に凹凸がある状態での、ゴトゴト音が気になり不快。

・快適な乗り心地が価格の割に体感できる。

・ACC使用で高速走行がとても楽に感じる。

・シートや足周りが硬いので乗り心地が良くない。

・ミシュランの純正タイヤが硬いしうるさい。

・平面走行時や高速走行時やは軽やかでスムーズ。

・足回りがやや硬い。

・低速から加速したときの変速がスムーズで、変速時のショックがない。

・エンジンの唸り音が大きい。

ヴェゼルの乗り心地の口コミを見ていきましたが、賛否両論さまざまな意見がありました。

ヴェゼルの乗り心地の良い口コミとしては、走行性が高く快適に運転できるという意見が多数派を占めていました。

対して、ヴェゼルの乗り心地の悪い口コミは、足回りが硬いという意見です。

ホンダ・ヴェゼルの純正タイヤのミシュランタイヤが硬いため、タイヤを変えれば改善されるという口コミもありました。

次に、アウトランダーの乗り心地の口コミも見ていきたいと思います。

アウトランダー内装3

引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/outlander_gasoline/

◎アウトランダーの乗り心地の口コミ

・遮音性と静粛性が抜群で、納車されて運転席に乗り込みドアを締めた瞬間、外の音が全く聞こえない!いうくらい遮音性が凄い。

・メチャクチャ静かで乗り心地よくて最高。

・シートが硬くて座りやすい。

・滑らかかつしなやかな乗り味が楽しめる。

・足回りが硬さで、酔うレベルでもなくゴツゴツしているわけでもなく。ここ最近乗った車の中で一番好みのセッティングだった。

・足は多少固めだが、これぐらいが同乗者も酔いづらく乗り心地も悪くないと思う。

・後席は、実使用には十分だが、もう少し座面が大きいほうがよかった。ただしリクライニングがあるので、それで相殺される。

・遮音性気密性がいい分ドアが閉まりにくい

・3列目はそこそこな広さで、大人2人が座っても、実使用上問題ない程度のサイズ。

・一日500km走行しても全然疲れない、高速道路等で段差を越えるときもボディーの剛性の良さがわかる。

アウトランダー走行2

引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/outlander_gasoline/

アウトランダーの乗り心地の口コミを見ていきましたが、良い口コミが多数を占めていました。

遮音性と静粛性が素晴らしく、足回りが硬めで安定感があり乗り心地が良いという意見が多かったです。

また走行性もスムーズで車内空間も十分あるという意見もありました。

ほとんど乗り心地に関しての悪い口コミがありませんでしたから、乗り心地については購入者は満足しているようですね。

以上より、乗り心地比較についてはアウトランダーの圧勝でした。

ヴェゼルvsアウトランダー徹底比較まとめ

今回はヴェゼルとアウトランダーの価格、維持費、燃費、乗り心地について比較してみました。

価格では60万円~70万円ほど安く買えるヴェゼルの圧勝でした。

維持費、燃費については僅差でしたが、こちらもヴィゼルが勝りました。

乗り心地については、アウトランダーの圧勝でした。

以上の項目を比較して、コンパクトクロスオーバーSUVとして低価格で安定して乗れるヴェゼルを選ぶか、価格は高いですが遮音性や静粛性に優れ、高い走行性で乗り心地の良いアウトランダーを選ぶかは、購入者の価値観によるでしょう。

私個人的にはヴェゼルを選びますかね。

やっぱり総合的に考えて、ヴェゼルは低価格で低燃費かつ安定の走行性も兼ね備えていますし、アウトランダーの乗り心地に対してそれだけで60万円を上乗せできるかと考えたら、そこまでの価値を見出せなかったからです。

ただアウトランダーの乗り心地については、先述のとおりほぼ高評価の意見で占められていますので、毎日の運転で乗り心地を重視するという方にとっては、アウトランダーの選択も十分にあると思います。

車選びについては、それぞれの車の機能性や特徴をチェックすることで、その車の魅力がよりわかるのではないでしょうか。

最終的には自分なりの優先順位や基準をもとにどの車を購入するのが一番だと思いますし、車選びの参考に少しでもなればいいなと思います。

今回はヴェゼルとアウトランダーの徹底比較の記事でした。

アイキャッチ画像引用:https://www.honda.co.jp/VEZEL/

この記事を書いた人

ナガクラヤマ
田舎暮らしのアラフォー男。のんびりドライブしながら美味いものを食べるのが好き。

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど
悩みが尽きない…

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1