ダイハツトールの燃費情報を紹介!実際の燃費は悪い?良い?

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1

ダイハツ・トールは、女性や家族連れを中心に今人気のトールワゴンです。

トールワゴンといえば、軽自動車のイメージがありますが、軽自動車よりも室内が広く、走りの面でも余裕があるのが1Lクラスのトールワゴンの特徴です。

そんな今人気のダイハツ・トールの燃費情報について詳しく調べてみたので、ライバル車との比較などをしていこうと思います。

ダイハツトールの燃費

01_01 (2)

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/thor/

ダイハツ・トールの燃費は、JC08モード燃費で21.8~24.6km/Lとなっています。

ダイハツ・トールには、1.0L直列3気筒のNAエンジンと、ターボエンジンがラインナップされています。

そのうち、NAエンジンの方には2WD仕様と4WD仕様が存在しており、両者間の価格差はおよそ17万円です。

07_01_04

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/thor/

燃費性能は、「NA 2WD」>「NA 4WD」>「ターボ 2WD」の順になっています。

ターボエンジンになると、その分だけ馬力やトルクなどの性能は上がりますが、燃費性能はどうしても悪くなってしまうようです。

同様に、4WD仕様も2WD仕様に比べて重量が増えたり、駆動時の抵抗が増えたりすることから4WD仕様の方が燃費が悪くなる傾向があります。

しかしながら、カタログ上とはいえ全体的に21.8~24.6km/Lの燃費を発揮できるというのは、ファミリーカーとしては十分実用的な範囲内かなと思います。

ダイハツトールの燃費をライバル車と比較

01_01

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/thor/

続いて、ダイハツ・トールの燃費性能が、実際同じクラスと比較するとどのくらいの位置にあるのかを検証してみます。

今回は、ダイハツがトヨタにOEM提供しているタンク・ルーミーと、ダイハツと同じく小型車を中心に展開しているスズキのソリオ、昨年最も売れた普通車である日産のノートを比較対象にしてみました。

トヨタ タンク・ルーミー

carlineup_tank_exterior_top_pic_06_01

引用:https://toyota.jp/tank/

トヨタのタンク・ルーミーは、外見からもわかる通りダイハツ・トールと全く同じ車です。

当然、燃費性能についても全く同じなので、その燃費は21.8~24.6km/Lになっています。

エンジンと駆動方式のラインナップも全く同じなので、実燃費においても大きな差はありません。

carlineup_roomy_exterior_top_pic_06_01

引用:https://toyota.jp/roomy/

あえて、タンク・ルーミーとトールの違いを指摘しておくと、装着されるホイールとステアリング、ナビゲーションの違いくらいでしょうか。

エンジンや車体が全く同じものですので、グレード設定に若干の違いはあれど価格帯は全く同じです。

装着されるホイールなどに多少の重量差があるかもしれませんが、せいぜい数十グラム程度のものなので燃費に響くことはなさそうですね。

スズキ ソリオ

img03

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/solio/

スズキ・ソリオは、トールと同じく普通車のトールワゴンです。

このクラスのトールワゴンとなると、実質的にトールとソリオの二択になりますね。

気になるソリオの燃費ですが、1.2Lガソリンモデルの2WD仕様が24.8km/l、4WD仕様が22.0km/Lと、トールと同等の数値を示しています。

排気量が200ccちょっと大きくなっている分、馬力やトルクもトールより優れていますが、燃費性能もほぼ同等なのでかなり優秀と言えそうです。

img01

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/solio/

また、ソリオにはマイルドハイブリッドとハイブリッドという2つのハイブリッドシステムがあります。

JC08燃費
マイルドハイブリッド(2WD)27.8km/L
マイルドハイブリッド(4WD)23.8km/L
ハイブリッド(2WD)32.0km/L

さすがにハイブリッド車だけあって、そのどれもが燃費性能でトールを圧倒していますね。

ただし、ハイブリッド仕様で32.0km/Lという数値は、やや物足りないかもしれません。

ガソリンモデル単体でみても、トールより排気量もスペックも高いにも関わらず同等の燃費性能を示しており、加えてハイブリッドモデルがある点も踏まえると、全体的にソリオの方がトールよりも燃費性能の面でははるかに優っていると言えそうです。

日産 ノート

note_1807_exterior_interior_cs1_011.jpg.ximg.l_12_m.smart

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/note.html

普通車の中で昨年最も売れた日産のノートですが、この車も燃費性能については高い評価を得ています。

ノートのラインナップは、1.2L直列3気筒エンジンのNAモデルとスーパーチャージャー搭載モデル、そしてハイブリッドモデルであるe-POWERの3種類が存在します。

e-POWERの燃費性能については、4WD仕様で28.8km/L、2WD仕様で34.0~37.2km/Lという驚異的な数値をたたき出しています。

同じコンパクトカーとは言えど、トールワゴンではないので単純な比較は難しいですが、これまで日の当たらなかったノートが脚光を浴びている一番のポイントはやはりこの燃費性能の高さですね。

走りの性能についても、1.2Lのガソリンエンジンにモーターの出力も加わって、最大馬力188PS、トルクにして34.6kgf・mという高いスペックを持っています。

1.2Lクラスの車でこれだけ走りも燃費も性能が高いとなると、実際に日本で最も売れているというのもうなずけますね。

note_1807_exterior_interior_cs1_002.jpg.ximg.l_12_m.smart

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/note.html

トールとの比較のために、ガソリンモデルに的を絞ってみると、NAモデルの燃費が2WD仕様で23.4km/L、4WD仕様で18.2km/Lとなっています。

トールと比べてみても決して悪い数値ではありませんが、4WD仕様に関してはかなり燃費が落ちているようです。

また、1.2Lのスーパーチャージャー搭載モデルの燃費は、26.2km/Lとなっています。

スーパーチャージャーもターボと同じ過給機を搭載した仕様ですが、燃費の面ではNAやターボよりも優れているようですね。

ダイハツトールの実燃費は?

07_01_03 (1)

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/thor/

これまではJC08モード時燃費というカタログスペック上の燃費性能を見てきましたが、実際に乗ってみた時の燃費性能はどうなのか気になりますよね。

もちろん、カタログスペックが高いに越したことはありませんが、実生活においては様々なシチュエーションが考えられるので、ほぼ100%そのスペック通りの数値は出ません。

ダイハツ・トールの実際の燃費は、以下のように報告されていました。

タイプ実燃費(平均)
1L NA (2WD)14.8km/L
1L NA (4WD)11.6km/L
1L ターボ14.6km/L

カタログ数値とは、かなりの差を感じてしまいますが、この数値は様々なユーザーの多種多様なシチュエーションが合わさっての数値ですので、実際はもう少し高い燃費になるだろうと思います。

07_01_04

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/thor/

とあるメディアの試乗記録には、NAモデルで高速道路で18.8km/L、街乗りや郊外の走行で16.2km/Lといった数字が出ていたので、コチラの方が実燃費として参考にできそうです。

燃費は、車自体の性能ももちろんですが、普段からどのような運転をするかによっても大きく左右されます。

ダイハツ・トールは、その点元々の燃費は決して悪い車ではないので、ある程度燃費を気にした運転を心がけていれば17km/L前後は維持できそうです。

ダイハツトール燃費情報まとめ

01_03

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/thor/

ダイハツ・トールは、開発コンセプトの段階で、燃費性能を強く訴求していく車ではなかったそうです。

その分、室内の快適性や装備、走りといった部分に開発コストがかけられており、普段の使い勝手の良さは軽自動車を中心に展開するダイハツらしい心配りが見て取れます。

車重も1,300kgを超えており、このクラスの車としては重い部類に入ってしまうので、そういった点でも燃費性能が伸びにくくなっています。

しかし、決して財布に強く影響するほど燃費が悪いわけではなく、むしろ同じクラスの他車に比べて装備が充実していながらも十分実用的な範囲の燃費性能を確保できている点は強く評価したいかなと思います。

アイキャッチ画像引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/thor/

この記事を書いた人

まさ
小さいころから車が大好きで、
当時はすれ違う車の名前はほとんど全部言えました。

これから車の詳しい情報をわかりやすくご紹介していきます。

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど
悩みが尽きない…

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1