カーリース、カーシェア、レンタカー、残クレの違いとは

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1

今や車は「買う時代」から「借りる時代」に!

最近ではマイカーという言葉よりもカーシェアリングとかカーリース、レンタカーの方がよく耳にします。

ここでは「カーシェア、カーリース、レンタカー」とマイカーのどっちがお得なのかをいろいろ調べてみました。

カーリース、カーシェア、レンタカー、残クレを比較してみた

4ffe197c9f891c38836d97fa14bf0f67_s

近年、若者の車離れに関する街角アンケートなどで、「車が必要ない」「車は維持費にお金がかかる」「必要な時に借りればいい」などの意見を耳にします。

ひと昔「車」はステータスと言われ、いい車を購入することが男のステータスの一つの時代もありました。

しかし今は「車を賢く使う」時代になりつつあります。

「買う」と「借りる」

「カーリース」と言えば、「法人向けサービス」の代表格だったものが、近年では個人もカーリースを利用するようになり、その「個人向けカーリースサービス」の内容は年々充実してきました。

「カーシェア」(カーシェアリング)と言う、車を所有しない、必要な時に必要な時間だけ使う、しかも「レンタカー」とは違った ”分単位” で利用できる超短期間型の新しい車のレンタルサービスも誕生しました。

「レンタカー」は昔からあるサービスですが、旅行先や出張先での時間単位で車を借りることができるすごく便利なものです。

4626f10828349abca3fb188093461ec0_s

これらのサービスは、基本的に車を「所有する」のではなく「利用する」ということが大きな特徴です。
これらと異なり車を「所有する」方法も、昔とはまた一味違う形になってきました。

昔は車を購入する手段に、「現金購入」と「マイカーローン」という方法が一般的でしたが、近年は「残クレ」と言われる「車両価格から残存価格(残価)を引いた金額」をクレジットで返済してく残価設定型クレジットが注目されています。

このように、最近はライフスタイルに合わせた車の使い方に変化が見られます。

何がどう違うのか・・・・・?

頭がごちゃごちゃになりかけたのでそれぞれの違いを表にまとめてみました。

所有者・使用者については名義は誰なのかを明記しています。

あなたが費用を、負担するものを「要」、負担しないものを「不要」で明記しています。

スクリーンショット 2019-02-03 23.24.22

※ カーリースの自動車保険はリース会社が加入している場合もありますので個別に確認をしてください。

この表で青字と赤字にしたのには理由があります。

青字は購入型赤字はレンタル型を表します。

ただし、マイカーリースは最終的にあなたの買取を認めていないリース会社もありますので、リース契約の前に確認を忘れないでください。

このようにするとカーリース、カーシェア、レンタカー、残クレの違いは一目瞭然。

 カーリース、カーシェア、レンタカー、残クレのメリット

「車を購入する」最大のメリットは、現金であれマイカーローンであれ、自分のものになるわけですからその車をどのようにカスタムしても一切問題がないということ。

ドレスアップや改造も思いのまま。

スクリーンショット 2019-02-04 22.22.06

引用:https://en.wikipedia.org/wiki/Itasha

あなただけの1台を作り上げることができるのが最大のメリットです。

マイカーりース

マイカーリースのメリットは、借りているのに購入と同じように、いつでも自由に使えることです。

マイカーリース最大のメリットは、基本的に毎年の自動車税、車検基本料や車検の際の自動車重量税、自賠責保険料、定期点検、オイル交換料などは大抵リース料に含まれており、月々定額支払いで車を利用することができます。

また、自動車の任意保険についてもリース料に含まれているリース会社もあります。

毎月毎月定額で、燃料代以外の出費は何の心配もなく乗れるのもいいですね。

85b5f0ccce7a689abdb02aaac4ec5886_s

カーシェア

カーシェアとはカーシェアリングの略で、その最大のメリットは ”分単位” で必要な時にだけ車を予約し利用できることです。

車を使いたいときはその日時を予め予約をしておけば大丈夫。

あとは指定の駐車ステーションに停めてある予約車を利用することができます。

スクリーンショット 2019-02-04 20.56.39

引用:https://gazoo.com/article/future/160906.html

レンタカーのように店舗での面倒な手続きは一切不要。

スマフォやPCで即座に予約・決済ができるので非常に便利です。

燃料代、保険料も全て利用料金に含まれいるので安心です。

また、車の保管場所を確保する必要がなく、車庫証明などの面倒な手続きもいりません。

あなたは予約をしたらただ乗るだけです。

車を「足」としての感覚の方なら最高にピッタリです。

レンタカー

レンタカーのメリットは、仕事先や旅行先などで一定期間車利用したい時には非常に便利なサービスです。

また、返却は借りた店舗ではない別の店舗に返す「乗り捨て」というワンウエイシステムのあるレンターカー会社もあり、目的地の近くの店舗で返すので片道飲みの利用もでき、引越しなどでの利用も多いようです。

1日以上などの期間になるとカーシェアよりもレンタカーの方がお得なケースが多いですね。

6ec72008073f5d082b603183ab82371b_s

これまでは車を「借りる」ということに焦点を当てたサービスのメリットでしたが、「残クレ」は「残価型クレジット」という、車を「購入する」方法のメリットについて少しだけ触れておきます。

これはマイカーローンと「残クレ」の比較になります。

スクリーンショット 2019-02-04 21.51.26

引用:http://www.hondacars-ehime-sp.com/lp/zankure1802/001.php

残クレ(残価設定型クレジット)

残クレのメリットは以下の5つです。

  • 毎月の支払額を少なく抑えられる
  • 3年~5年という比較的短期間で新車に乗り換える事が可能
  • 一定の条件をクリアすれば残価が保証されている
  • 信販系のマイカーローン金利は比較的低金利の場合が多い

なお、当初の支払い期間が終了した時点で以下のの選択肢があり、最終的に自分のものにすることができる。

  1.  新車に乗り換える
  2.  残価分を支払ってそのまま乗り続ける(買い取る)
  3.  ディーラに返却

残クレは、カーリースを個人向けに設定した内容になっているように思います。

以上で、カーリース、カーシェア、レンタカー、残クレのそれぞれについてのメリットをご紹介してまいりました。

では、カーリース、カーシェア、レンタカー、残クレのデメリットについてもご紹介しておきます。

カーリース、カーシェア、レンタカー、残クレのデメリット

当たり前のことですが、現金購入の場合は購入時にまとまったお金が必要になるということ、そしてマイカーローンの場合は、金利により支払総額は現金一括購入の際より多くなることがデメリットになるでしょう。

そして毎年の自動車税や車検費用などもその都度大きな出費となりますね。

車を所有するということは車の購入代金の他にこのような維持費もかかりますので、その辺りもきちんと計画性を持つ必要性があります。

4fd30524e15c437e094244bc55da40a5_s

マイカーリース

マイカーリースのデメリットとしては、マイカーローンに比べ支払うリース料が割高になるということ。

また、マイカーローンと異なり、リース期間が終了し、その車が自分の車になるまでは勝手に売却できないことでしょう。

マイカーローンや残クレの場合と異なりマイカーリースの場合は、車の所有者はリース会社にありそのリース会社との間にリース契約が交わされているためです。

ただ、リース会社の中にはリース期間の残金一括支払いにより売却可能の場合もありますのでしっかりと確認するようにしてください。

また、マイカーリースの場合、以下のような制約を受けてしまいます。

  • リース契約時に月間契約走行距離を定められる。
  • リース契約完了時に車の返却は、貸し出した状態で返却をする。

a55c181f6e1b365521ac8ce5eac899c5_s

つまり、約定距離よりも多く走行したり車を自分好みにカスタマイズするとペナルティにより追加料金が発生する契約になっているのが主流です。

カーシェア

最近車を持たない若もにに人気のカーシェアリング。

このデメリットは、家の近くにカーシェアステーションがあるかどうか、そしてあったとしても使いたい時に使えるかどうかということです。

6b5485dd3367539e7c7c0a680830e659_s

1台の車を数人でシェアする形ですので、車を使いたいというタイミングが他の人と同じであれば車を確保することは早い者勝ち。

かなり綿密な計画を事前い組まないとタイミング良く使うことは難しいでしょう。

また、車の返却時には借りたステーションに必ず車を戻すことが原則です、

レンタカーのようにワンウエイシステム(乗り捨てや、違うステーションに返却する)のような利用はできません。

さらに、他の方の予約がすでに入っている場合には、車を返却予定時刻までに借りたステーションに返却しなければならないため、利用時間の変更など状況に応じ延長利用ができない場合もあります。

そして、あくまでも時間貸しですので、実際に車に乗っていなくても、車を確保している時間中ずっと課金されます。

たとえば買い物中や食事中も刻々と料金は加算されていきます。

移動距離がさほど多くなくゆっくり買い物や食事を楽しみたいなら、むしろタクシーを使った方が安くつくかもしれません。

a9b18b9a3b75d0b7f3db43271bcef959_s

また、長時間使う場合は予めレンタカーを借りる方が安くなることもあります。

カーシェアリングの最大のデメリット、それは車内が清掃されていないこと。

レンタカーは返却されると点検・整備・清掃をその都度行いますが、カーシェアリングの車はその都度点検・整備・清掃は実施されませんので、前の利用者が車内を汚していた場合には目も当てられません。

レンタカー

レンタカーのデメリットは、車を借りた営業所の営業時間内でないと返却ができなところにあります。

一部では24時間対応のところもあるようですが、まだまだ主流ではありません。

ですから、無駄な料金の発生を避けたい場合には、利用計画を綿密に練る必要があります。

旅行先で朝6時に目的地に向かってホテルを出発したい場合などは、その時間にレンタカーの営業所は営業時間外になりますので、前日からの利用でどうしても無駄は発生してしまいます。

0f1a20ef9a4835dd7b92a4146cfa614b_s

残クレ

次に残クレのデメリットについてです。

これはメリット同様、マイカーローンと「残クレ」の比較になります。

  • 支払う利息は多くなる(残価設定分にも金利がかかるため)
  • 乗り続ける場合には損をする事が多い(金利の二重支払いのため)
  • 次のような場合には追加で負担金が発生
  1.   走行距離の制限‐超過した場合
  2.  事故や車に傷が有る場合
  3.  車を改造・カスタマイズした場合
  • 人気車種は契約終了時の買取金額が残価よりも高くなる事も有る

こう見ると、自分でお金を払っているのに、ディーラーがその車を次に売りやすい状態を維持するための規制ばかりのような気がします。

「残クレ」は、車を3年以内に乗り換えることを前提に考えられたシステムです。

あなたは2~3年で新車に乗れるというメリット。

ディーラーは2~3年で買い替える上客を獲得できるメリット。

というように持ちつ持たれつなのでしょうが、最終的にババを引くのは私達消費者なのかもしれませんね。

カーリース、カーシェア、レンタカー、残クレのまとめ

これまでカーリース、カーシェア、レンタカー、残クレについてお話をしてきました。

私も色々調べていて思ったのは、結局のところ自分自身のライフスタイルに合った車選びをすることが長年にわたって後悔をしないんだろうなと感じました。
e821e75e7d9e0f644884cf449a509ffd_s

カーリース、カーシェア、レンタカー、残クレと、見ていただいた通り、それぞれメリット、デメリットはありました。

メリットだけのサービスは正直なところないと思います。

それは、人それぞれに価値観を置いている箇所が異なりますし、あなたにとってメリットでも他の人はそれをメリットとは感じず、それどころかデメリットと捉えるかもしれません。

これは私の感想ですが、メリットとデメリットは表裏一体というように私は感じました。

人間はわがままな生き物です。

そのとき自分自身がいいと思う車選びをすることが、一番いいと思いました。

この記事を書いた人

ブルスカ
車のことはあまり詳しくはないのですが、次の車購入の参考になればと思い、勉強を兼ねて
自動車情報サイト参加中!! と言っても車に関するオモシロ情報やお役立ち情報を発信します。
たまには見にきてくださいね v^ ^)

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど
悩みが尽きない…

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1