アクティ・トラックのオプション紹介!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1

アクティ・トラックは様々なオプションを自分の手で付け加えられることで有名な車です。

積荷カバーや荷かけロープなど色々なオプションをつけたアクティ・トラックをよく目にすることがあります。

pic_main_visual

引用:https://www.honda.co.jp/ACTYTRUCK/

アクティにつけるとことができるオプションにはどんなものがあるのでしょうか?

今回はアクティ・トラックのオプションについて詳しくお話ししていきます。

スポンサーリンク

アクティ・トラック とは?

アクティ・トラックとは、本田技研工業が販売する軽トラックです。

16

引用:https://www.honda.co.jp/ACTYTRUCK/

1963年に誕生した日本メーカーの量産車初のDOHCエンジンを搭載したT360。後継のTN360の後継車種として1977年に登場し現在も販売されている「ホンダの軽トラック」です。

アクティ登場の際にはライトバンモデルもラインナップに新たに追加されました。

年を重ねるごとに、新たな標準装備やオプションがつけられるようになり、人々の運転をより快適なものへとしてくれています。

価格はそれぞれ、「アクティ・トラック」が77万7000円〜114万9750円、「アクティ・バン」が106万500円〜129万1500円までとされています。

スポンサーリンク

「車にオプションをつける」とは?

「よく車にオプションをつける」という言葉を耳にすると思いますが、どういう意味なのかご存知でしょうか?

8

引用:https://www.honda.co.jp/ACTYTRUCK/

オプションとは、車を購入する時に標準仕様のほかに、客の注文によって新たに取り付ける部品・装置のことです。

例えばカーナビが最初から付いていれば標準仕様「標準装備」であり、新たに付ける場合にはオプション仕様「追加装備」になります。

当然オプション仕様は追加装備ですから別途費用はかかります。

スポンサーリンク

つけておくと便利なオプションを紹介!!

オプションの意味がわかったところで、次はつけておくと便利なオプションについて紹介していきます。

1

引用:https://www.honda.co.jp/ACTYTRUCK/

以下で紹介するオプションをつけるか、つけないかだけで、車の乗り心地がまったく違ってきます。ぜひ参考にしてみてください。

ETC車載器

今や高速道路を利用するうえで当たり前になっているETCです。

2016年8月時点で、すでに高速道路利用者の9割以上がETCを使っている圧倒的な普及率を誇っています。それを利用するためには「ETC車載器」の設置が必要です。

購入する車では高速道路や有料道路を走らないというのであればETC車載器は入りませんが、高速道路や有料道路を走行する機会があるならば設置をおすすめします。

カーナビ

カーナビは、ETC車載器とは違い高速道路を利用するしないに関わらずあると便利なオプションです。

カーナビの場合も、純正品であるメーカーオプション以外に社外品をつけるという選択肢もあります。

こちらに関しても、純正カーナビの収まりの良さは大きな魅力です。また純正品ですとメーカーのサービスを受けることもできます。

少し前までは純正カーナビはとても高価であるため人気はなかったのですが、最近は価格が下がってきており社外品との差が少なくなっています。

性能面にこだわりがあれば社外品をおすすめします。

これといったこだわりがなければ、ディーラーオプションで純正カーナビをつけてもらったほうが手間がかからないのでおすすめです。

フロアマット

「フロアマットがオプションでつけられる」と聞くと少し意外なイメージもあるかもしれません。

フロアマットを設置することで車内の掃除が楽になったり車の振動を減らすことができます。フロアマットに関しても当然社外品があり、純正品よりはそちらのほうが価格が安いです。

ただ純正品はその車にぴったり合うように作られていますし、車購入の際にはある程度「オプション値引き」がきく場合が多いです。

バックモニター

駐車の苦手克服や、駐車をするときの安心感アップに役立つバックモニターは、「付けてよかった」と安心する声が多いことで人気のあるオプションです。

時折、子どもやお年寄りが駐車中の車の後ろにいるにも関わらず、事故してしまう痛ましいニュースを耳にすることがあります。

実際、駐車場での事故の多くはバック中に起きていますので、事故を防ぐためにもバックモニター設置をつけることをおすすめします。

事故が起きてからでは遅いのです。

アルミホイール

スチールホイールが標準装備である場合は、軽さを出し、足回りを軽くするためにアルミホイールをオプションとして付けられます。

一般的にアルミホイールのほうがスチールホイールよりもデザイン性が高いものが多いため、車の見た目やデザインにこだわるユーザーからもアルミホイールは支持をうけています。

ただ、「軽量である」特徴のアルミホイールですが、物によってはスチールホイールよりも重くなってしまうことがありますので注意が必要です。

スポンサーリンク

アクティ・トラックにおすすめのオプションとは?

ここではアクティ・トラックにつけるおすすめのオプションを4つ紹介していきます。

9

引用:https://www.honda.co.jp/ACTYTRUCK/

ぜひ、参考にしてみましょう。

アクティ ゴムバンドセット

積荷カバーとのセットで積荷を固定する、ゴムバンド13本(フック付2本、フック無し11本)のセットです。

04

引用:https://www.honda.co.jp/ACCESS/actytruck/exterior/tsuminicover/

主に積荷カバーの固定に使います。

¥1,620(消費税8%抜き ¥1,500)

積荷カバー

ゴムバンドやロープ等と組み合わせることで、荷台と積み荷をカバーできます。

01

引用:https://www.honda.co.jp/ACCESS/actytruck/exterior/tsuminicover/

また、荷崩れの心配も解消してくれるのです。

¥5,400(消費税8%抜き ¥5,000)

荷かけロープ

ボックス類などを荷物固定バーに固定する場合などの荷物を固定するために使われます。

06

引用:https://www.honda.co.jp/ACCESS/actytruck/exterior/koteibar/

大きな荷物を運ぶときにはとても便利なアイテムです。

¥1,188(消費税8%抜き ¥1,100)

サイズ:太さ(直径)8mm×長さ 12m

ETC2.0車載器 ナビ連動タイプ(アンテナ分離型)

「ETC2.0」のさまざまなサービスに対応します。

01-1

引用:https://www.honda.co.jp/ACCESS/actytruck/navi_audio_etc/etc/

ETC機能も搭載し、ナビ画面と音声で料金をご案内やETCカードの有効期限切れもお知らせします。

ナビ画面での履歴確認もでき、料金所の通過をスムーズにしてくれます。

本体¥19,440(消費税8%抜き ¥18,000)

取付アタッチメント¥6,480(消費税8%抜き ¥6,000)

合計¥25,920(消費税8%抜き ¥24,000)

タイヤチェーン(スチールチェーン)

雪道を走行することが多い人にはおすすめするオプションです。
01-2
引用:https://www.honda.co.jp/ACCESS/actytruck/security_support/tirechain/
雪道で一部の区間ではタイヤチェーンで路面を走行しなければいけない箇所があります。
そのような道の場合にも対応するために、タイヤチェーンをオプションでつけることをおすすめします。

145R12 タイヤ用

¥9,180(消費税8%抜き ¥8,500)

まとめ

今回は 「アクティ・トラックのオプションについて紹介してきました。

14

引用:https://www.honda.co.jp/ACTYTRUCK/

この記事を読んだ方は、アクティ・トラックに付けられている標準装備やオプションについて正しい知識をつけられたと思います。

車にオプションをつけることは、あなたの運転をよりよくしてくれる一つです。オプションを絶対につけなければいけない強制感がなく、自分の好みでカスタムできることもオプションの良い点です。

ただ、お金がないのにオプションをたくさんつけてしまってはいけません。

自分の生活にかかる費用を確認してから、各オプションをつけましょう。

アクティ・トラックの中には様々なオプションがありますが、一つ一つのオプションを理解してから購入しましょう。

この記事を書いた人

dan dan
広島在住です。
昔、若気の至りで、ハコスカGT-Rをぶっ飛ばしていました。
今は超安全運転のゴールド免許保持者。家内と一緒に遠出のドライブを
のんびりと楽しんでいます。^^



下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1