ウェイクとNボックスを比較!維持費・燃費・乗り心地はどっちがいい!?

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一度の査定で最大5000社が
公開入札であなたの車の
買取価格を競ってくれるので、
あなたの車の最高額がわかるのです。

btn1-1

今大人気の背の高い軽自動車で人気を博している

ダイハツウェイクとホンダNボックス

肝心な乗り心地はどっちが良いの!?

車体の大きさから維持費・燃費まで徹底比較します。

スポンサーリンク

ウェイクとNボックスの乗り心地や大きさはどっち?

119732-e1549619163726

まずは大きさについて比較してみましょう。

-e1549786721799

引用:https://www.daihatsu.co.jp/

ウェイクの大きさは以下の通り

全長→3395mm

全幅→1475mm

全高→1835mm

ホイールベース→2455mm

最低地上高→140mm

車両重量→990~140kg(グレードによる)

乗車定員→4名

-1-e1549785909764

引用:https://www.daihatsu.co.jp/

続けて室内の大きさも見てみましょう。

室内長→2215mm

室内幅→1345mm

室内高→1455mm

となりました。

-e1549786792227

引用:https://www.honda.co.jp/

一方のNボックスの大きさは以下の通り

全長→3395mm

全幅→1475mm

全高→1815mm(FFは1790mm)

ホイールベース→2520mm

最低地上高→145mm

車両重量→890~970mm(グレードによる)

乗車定員→4名

-2-e1549785978345

引用:https://www.honda.co.jp/

こちらも室内の大きさも見ていきましょう。

室内長→2060~2240mm(グレードによる)

室内幅→1350mm

室内高→1400mm

となりました。

お気づきになった方もいると思いますが、

全長と全幅はウェイクNボックスのどっちも

全長→3395mm

全幅→1475mm

と一緒の大きさであることが分かりました。

室内長はグレードにより差がありますが、

室内幅は10mmウェイクが広いですね。

背の高い軽自動車ということで注目されている両車ですので、

気になるのは全高・車高ですが

ウェイクの方が全高は+20mm、室内高は+55mmと

より高いことが証明されました。

ところで、室内空間に乗るのは何も人だけではありませんよね。

重要なラゲッジスペースについても比較してみましょう。

ウェイクのラゲッジスペースは以下の大きさです。

荷室高→1140mm

荷室フロア高→595mm

荷室幅→875mm

また、ウェイクはラゲッジスペースのために

助手席を平行にしっかり倒せるように

助手席アレンジが出来るようになっていて、

荷室の一部として使用できたり、テーブルにすることも可能。

-e1549786100795

引用:https://www.daihatsu.co.jp/

ラゲッジスペースをより広く使用するために

上下二段調節式デッキボードを採用して、

より荷物を詰めるようになっています。

-e1549786154353

引用:https://www.daihatsu.co.jp/

また汚れた荷物も気を使わず積めるように

シートの表皮には撥水加工を施し、

荷室側からシートを移動出来るように

リヤシートの左右分割ロングスライド・左右分割リクライニングが

出来るようになっています。

-e1549786214211

引用:https://www.daihatsu.co.jp/

そしてクーラーボックスなどの大きな荷物も入る

90Lの高さが変化出来るアンダートランクを

装備していて、大容量に荷物が積める工夫がされています。

-e1549786281817

引用:https://www.daihatsu.co.jp/

一方のNボックスのラゲッジスペースは、荷室幅が112cmで

チップアップ&ダイブダウン機構付スライドリアシートを

搭載していて、スライドした分だけスペースが広がります。

スライド最長は19cmとなっています。

-e1549786391837

引用:https://www.honda.co.jp/

またワンアクションで後部座席を倒せば広々とした収納が可能で、

テールゲートが開けにくい場合でも後席の座面をワンタッチで

跳ね上げれば、荷物が積みやすいもう一つの荷室が生まれます。

-e1549786442346

引用:https://www.honda.co.jp/

低床が47cmということもあり、自転車などの大きな荷物も

持ち上げが少なく楽々積み込みが出来るようになっています。

引用:https://www.honda.co.jp/

また、荷室床をそのまま引き出せるスーパーフレックススロープを

グレードによって装備しているので、タイヤがついた荷物に最適で介護などでも

注目されています。

-e1549786561290

引用:https://www.honda.co.jp/

どっちのラゲッジスペースも、それぞれの特徴を生かしていますね。

ではここで、乗り心地についても比較してみましょう。

まずは乗り心地に関わる性能についてお伝えします。

-e1549786890414

引用:https://www.daihatsu.co.jp/

ウェイクは乗り心地が良くて良燃費を目指しており、

それは性能にも表れています。

高速時の安定性のために、

ミラー部やリヤコンビネーションランプ部に空力フィンを搭載。

-e1549786959590

引用:https://www.daihatsu.co.jp/

気流に小さな渦を発生させることで、車体を左右から押さえつけ

揺れを軽減しました。

-e1549787009753

引用:https://www.daihatsu.co.jp/

ヒルホールドシステムで、登り坂での発進時や

ブレーキからアクセルに踏み替え時にクルマの後退を防ぎます。

引用:https://www.honda.co.jp/

一方のNボックスはHondaの走りはそのままに

「おでかけがもっと楽しくなる爽快な走りの良さ」を目指し

i-VTECエンジンの採用しています。

-e1549787131903

引用:https://www.honda.co.jp/

街中・坂道での加速や高速道路の力強さはそのままに、

毎日乗るクルマとして向上を目指しています。

車種自体も豊富でターボ車や4WD車も用意されていて

色んなニーズに対応しています。

-e1549787270199

引用:https://www.honda.co.jp/

また、イメージ通りに曲がる・止まることを目標とし

レスポンスに優れた加速性能を加え

アジャイルハンドリングアシストでブレーキを制御し、

コーナリングを支援することで、高さのある車体でも

安定感のある走りを実現しています。

-e1549787340149

引用:https://www.honda.co.jp/

また、ステアリングギアレシオの最適化し、

ステアリングの持ち替えを少なく曲がれるようにしています。

-e1549787563537

引用:https://www.honda.co.jp/

そしてハイドロリック・ブレーキ・ブーストでモニタリングし、

VSAによる制動アシストによりブレーキの効き具合を制御するなど

毎日運転する中で、ストレスにならないような設計となっています。

ではここでウェイクNボックスのどっちも

乗り心地に関するレビューがあるので見てみましょう。

みんなの意見 棒人間

ウェイクの乗り心地のレビューは以下の通りです。

「前方視界が良い。天井の高さで圧迫感がない。

家族4人乗車で高速道路を走行しても力不足を感じない。静粛性が他の軽自動車より良い。」

「見晴らしの良さ、座席の乗り心地、空間の広さなど総合的にノンストレスで運転ができます。

子どもができても広くて使いやすいと思うよ!」

一方のNボックスの乗り心地のレビューは以下の通り

「運転席・助手席の乗り心地もいいです。

ただ後部座席に座ると縦揺れが酷く、車酔いしやすいのがネックです。

ただ後部座席はシート移動により広く出来ますし、荷物置き場としては優秀です。」

「とにかく乗り心地抜群です。

乗ってみると、室内がとても広い。天井は高く、前も後ろもシートの幅が広く感じます。」

レビューを比較してみても、乗り心地の評判は上々の様子ですね。

スポンサーリンク

ウェイクとNボックスで維持費はどっち?

-1-e1550363018365

ではここでは、絶対に知っておきたい維持費について調べてみましょう。

ウェイクNボックスのどっちも軽自動車なので

同額の部分が多いです。

なので今回は一緒にして調べてみましょう。

軽自動車の維持費は以下の通り

自動車税→約1万8000円/年

自動車重量税→約4100円/年

自賠責保険→約1万3185円/年

車検・点検代他→約4万円/都度

となっています。

この他にもガソリン代・駐車場代・任意保険代などがかかってきます。

両車の違いが出るとすれば、ガソリン代・他雑費になります。

ガソリン代は燃費で違ってきますし、他雑費は故障した際の修理代や

故障を防ぐメンテナンス代などに使われる費用となります。

とは言え、軽自動車は普通自動車と比べると維持費は大幅に軽減されます。

ここで普通自動車との違いを比較してみましょう。

-e1549787707538

今回はこちらも人気車種のフィットで調べて見ましょう。

フィットの維持費は以下の通りです。

自動車税→約3万4500円/年

自動車重量税→約1万1250円/年

自賠責保険料→約1万3920円/年

車検・点検代他→約6万円/都度

となりました。

比較してみると軽自動車の方が

自動車税-1万6500円

自動車重量税-7150円

自賠責保険料-735円

車検・点検代他-2万円

このように負担が軽くなりました。

維持費が安いことも軽自動車の魅力のひとつですね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ウェイクとNボックスの燃費はどっち?

-e1549668109701

次はガソリン代に直接影響する燃費について比較してみましょう。

-e1549787906578

引用:https://www.daihatsu.co.jp/

ェイクの燃費は以下の通りです。

GBVZグレード→23.2km/L

GBVZグレード→23.8km/L

GBMFグレード→24.6km/L

GBMF ・GBDFグレード→25.4km/L

となりました。

-e1549788054313

引用:https://www.honda.co.jp/

一方のNボックスの燃費は以下の通り

G L ターボ・G EX ターボ  G スロープLターボグレード→25.6km/L

ターボ車を除くFF車→27.0km/L

となりました。

燃費について比較をしてみるとNボックスのターボ車と

GBMF ・GBDFグレードではほとんど違いはありませんが、

Nボックスのターボ車を除くFF車では、更に上回る27.0km/Lでした。

ではここで、ガソリン代についても比較してみましょう。

どちらも年間10000kmを走行し、ガソリン代は140円とします。

ガソリン代の計算式は以下を使用します。

ガソリン1リットルの値段×移動距離÷燃費

こちらの計算式にウェイク25.4km/Lを当てはめてみましょう。

140L×10000km÷25.4km/L=5万5119円となりました。

こちらを年間のガソリン代とし、月割りにすると4593円でした。

では次は、Nボックス27.0km/Lを当てはめてみましょう。

140L×10000km÷27.0km/L=5万1851円となりました。

こちらを年間のガソリン代とし、月割りにすると4298円でした。

この違いは年間にすると約4000円の違いとなりました。

皆さんもご自身の生活から走行距離を予想し、

計算式に当てはめて計算してみると良いでしょう。

さまざまな違いから比較してみましたが、いかがでしたでしょうか。

どっちも優秀な車であることが明らかとなりましたが、

「背の高い軽自動車」という観点からウェイクが個人的にはタイプですね!

あなたはどっちの車がタイプでしょうか。

アイキャッチ画像引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/wake/03_exterior.htm

この記事を書いた人

テンさん
車はもっぱらカーシェアリング。
でも本当は・・・本当はマイカーが欲しいんです!
その溢れんばかりの情熱を記事にぶつけていっています。

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど
悩みが尽きない…

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一度の査定で最大5000社が
公開入札であなたの車の
買取価格を競ってくれるので、
あなたの車の最高額がわかるのです。


btn1-1


スポンサーリンク


スポンサーリンク