RVRvsエクリプスクロス徹底比較!どっち?維持費・燃費・乗り心地は?

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1

いま大人気のSUVですが、RVRとエクリプスクロスはどちらも三菱のコンパクトSUVであり、よく比較されるライバル車種となっています。

RVRは、扱いやすいボディと居住性、安定性、取り回しやすさを実現したコンパクトSUVとして、長年にわたり支持されています。

対するエクリプスクロスは、2018年3月に販売された車で、完成度の高さが評価されていて、今後のコンパクトSUV市場に風穴を開ける可能性を感じさせる車として注目されています。

同じ三菱のライバル車であるRVRとエクリプスクロスはどっちが買い?なのか、維持費や燃費、乗り心地などについて徹底比較していきたいと思います。

RVRかエクリプスクロスのどっちを買おうか悩んでいる方の参考になれば幸いです。

RVRvsエクリプスクロス比較!どっちが買い?

RVRとエクリプスクロスはどっちが買い?なのかについて、車体価格や性能について見ていきたいと思います。

まずは車体価格から比較していきます。

RVRの新車価格

RVRはガソリン車のみの販売で、排気量が1.8Lとなっています。

グレードはM、Gの2種類です。

2WD:2,104,920円〜2,304,720円

4WD:2,341,440円〜2,541,240円

価格帯は2,104,920円〜2,541,240円ということになります。

RVR0

引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/rvr/

◎エクリプスクロスの新車価格

エクリプスクロスは現在ガソリン車のみの販売で、排気量は1.5Lとなっています。

グレードはM、G、G Pluc Packageの3種類です。

2WD:2,539,080円〜2,891,150円

4WD:2,755,180円〜3,107,160円

価格帯は2,539,080円~3,107,160円ということになります。

e2

引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/eclipse-cross/

RVRとエクリスプクロスの新車価格を比較してみました。

それぞれ車種で2WD、4WDどうしで比較したら、RVRが40万円~55万円安いことがわかりました。

次に、自動車の性能について見てみます。

◎RVRとエクリスプクロスのエンジン性能比較

エンジンスペック比較(外枠白消済)

この表はRVRとエクリプスクロスのエンジンスペック・パワートレインの違いを示しています。

RVRは、1.8L直列4気筒SOHCエンジンが搭載されています。

トランスミッションは、CVTと6速スポーツモードCVTの2種類、駆動方式は4WDとFFとなっています。

対するエクリプスクロスは、1.5Lの直列4気筒DOHC直噴ターボエンジンが搭載されています。

トランスミッションは、8速スポーツモードCVT、駆動方式は4WDとFFとなっています。

両車のエンジンを比較してみると、排気量は1.8LのRVRが勝りますが、出力とトルクは完全にエクリプスクロスが圧倒しています。

4WDについては、両車ともに電子制御4WDが採用されていますが、ブレーキ制御も備わっている「S-AWC」はエクリプスクロスにのみ搭載されています。

これらの点から、エクリプスクロスはRVRより総合的なエンジン性能は上回ります。

次に安全性能についても比較してみます。

◎RVRとエクリスプクロスの安全性能

安全性能改J

RVRとエクリプスクロスには、三菱の先進安全装備「e-Assist」が用意されています。

こちらの表を見ていただければわかるように、RVRとエクリスプクロスの安全性能には違いがあります。

安全性能の標準装備について比較すると、エクリスプクロスはRVRの標準装備をすべて含んでおり、さらに「誤発信制御機能(前進&後進時)」が追加されています。

また、「レーダークルーズコントロールシステム」などもメーカーオプションとして設定されています。

これらの点から、総合的な安全性能はエクリスプクロスがRVRを上回ります。

RVRとエクリスプクロスの価格・エンジン性能・安全性能を比較してみました。

車体価格だけを見ると、RVRが50万円ほど安いですが、エンジン性能や安全性能についてはエクスプリクロスが圧倒的に優れています。

できるだけ安い方が良い方にとっては、RVRが買いだと思いますが、50万円上乗せしても自動車性能にこだわりたい方にとってはエクスプリクロスの選択も十分あるのではないでしょうか。

では、RVRとエクリスプクロスの維持費・燃費・乗り心地についても見ていきましょう。

RVRvsエクリプスクロス 維持費比較

次はRVRとエクリスプクロスの維持費について比較してみます。

主な維持費について、それぞれ表にまとめてみましたので、ご覧ください。

◎RVRの維持費

維持費RVR完成版ジェイペグ

◎エクリスプクロスの維持費

比較エクリスプクロス

RVRとエクリスプクロスの維持費についてまとめてみました。

年間の維持費で比較すると両車ともほぼ同じ金額となりました。

エクリプスクロス1

引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/eclipse-cross/

自動車税は毎年かかる税金で、排気量によって額が変わります。

1.8LのRVRと1.5Lのエクリスプクロスでは、エクリスプクロスが5,000円安かったです。

車検代は、新車購入してから3年後、そのあとは2年ごとにかかる費用となります。

また、RVRとエクリスプクロスの両車ともエコカー減税の対象となっていないため、自動車重量税・自動車取得税が100%課税されてしまいます。

駐車場代は、地域によってかなり差が月額料金が大きく違いますので、あくまで参考ですし、持ち家の場合はかからない場合が多いのではないでしょうか。

さらに、通勤等で高速道路を使用する方は高速代金がかかりますし、走行距離が長距離になると当たり前ですがガソリン代もかかります。

これらの点を加味すると、若干維持費に差が出る可能性はあります。

以上より、RVRとエクリスプクロスの維持費比較は、互角でした。

RVRvsエクリプスクロス 燃費比較

続いてはRVRとエクリスプクロスの燃費比較です。

走行距離が長い方や毎日運転する方ですと、燃費がやっぱり気になりますよね。

ますはRVRとエクリスプクロスのカタログ燃費から見てみましょう。

RVRのカタログ燃費

・ガソリン車   14.4〜15.4km/L

◎エクリスプクロスのカタログ燃費

・ガソリン車   14.0〜15.0km/L

RVRとエクリスプクロスのタログ燃費は互角でした。

では、両車の実燃費を見てみましょう。

実燃費に関しては、有名燃費サイト、実勢のユーザーからの口コミなどをもとに算出しました。

RVR5

引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/rvr/

RVRの実燃費

・ガソリン車       12.7km/L

◎エクリスプクロスの実燃費

・ガソリン車       11.8km/L

実燃費の比較ではRVRがガソリン1Lあたり1km燃費が良いことがわかりました。

この差が大きいか小さいかはドライバーによって異なる部分ですが、長距離を走る方以外にはほとんど影響のない差ではないでしょうか。

以上より、RVRとエクリスプクロスの燃費比較は互角でした。

RVRvsエクリプスクロス 乗り心地比較

毎日車を運転する方や長距離を走るドライバーにとって、車の乗り心地は非常に重要な項目ですよね。

自動車はタイヤやホイールなどのサイズによって足回りが変わります。

足回りがしっかりしている方が、車の乗り心地が向上します。

ここではRVRとエクリプスクロスの乗り心地について比較してみたいと思います。

比較するにあたって、ヴェゼルとエクリプスクロスの乗り心地の口コミをまとめてみましたので、ご覧ください。

RVR6

引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/rvr/

◎RVRの良い口コミ

・車幅があるので、運転席の空間が広く、アームレストの使い勝手も良い。

・シート生地が汚れにくくて良い。

・乗り心地が少し硬めだが、まったく不快に感じない。

・シートが硬すぎずやわらか過ぎずで、個人的には好きかな。

・やや硬いが、運転していて機敏な感じで良い。

・始動時のもっさり感がなければ、その他は安定していて良い。

◎RVRの悪い口コミ

・リアシートについて、足元の広さはそこそこあるがリクライニング出来ないし、角度もほぼ90度のため、長距離は辛い。

・シートの大きさが体にフィットせず、ホールド感が全然無い。

・静粛性が良くないので、うるさく感じる。

・クルマの特性上仕方ないが、コーナリング時のロールが大きい。

RVR7

引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/rvr/

RVRの乗り心地の口コミは、賛否両論さまざまな意見がありました。

RVRの乗り心地の良い点として、硬めのだが乗り心地が良く、安定した走行ができる、車内空間が広いという意見が多かったです。

対して、RVRの乗り心地の悪い点は、シートやの性能や静粛性が悪いという意見が多かったです。

シートの硬さについては、人それぞれ好みの問題もありますが、静粛性はあまり良くないという評判でした。

e5

引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/eclipse-cross/

◎エクリスプクロスの良い口コミ

・新型車らしくいろんな面で相当に熟慮されており、遮音、静粛性共に素晴らしい。

・足は硬めだが、突き上げ感は無くので、疲労を感じない。

・車体剛性が優秀なので、振動が押さえられており、グラツキも感じない。

・どんな路面でも安定して走行できるので、乗り心地がすごく良い。

・大きな段差やうねりの大きな踏切通過でも突き上げやバタつきは出ない。

・直線の国道を長距離走行したが、問題なくカーブ等も快適に良く曲がれる。

・カーブや交差点、歩道段差、坂道でも安定して走行できる。

◎エクリスプクロスの悪い口コミ

・良く曲がり良く走るが、中間を狙いすぎて、やや腰高感がある。

・車重の影響もあるだろうが、全体的には、アウトランダーPHEVの乗り心地の方が高級感がある。

e4

引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/eclipse-cross/

エクリプスクロスの乗り心地の口コミでしたが、おおむね好評価といった感じでした。

エクリスプクロスの乗り心地の良い点として、硬めな乗り心地だが、安定した走行で、カーブや坂道でもスムーズに違和感なく走れるという意見が多かったです。

また、遮音や静粛性、車体剛性の評価も高かったです。

エクリスプクロスの乗り心地の悪い点として、車内のシート等のインテリアに高級感がないという意見もありましたが、少数意見でした。

以上より、RVRとエクリスプクロスの乗り心地比較は、エクスプリクロスの圧勝となりました。

RVRvsエクリプスクロス徹底比較まとめ

今回はRVRとエクリプスクロスの価格・性能、維持費、燃費、乗り心地について比較してみました。

価格はRVRの圧勝でしたが、性能面ではエクリスプクロスの圧勝でした。

維持費、燃費については、両車互角でした。

乗り心地については、エクリプスクロスの圧勝でした。

以上の項目の比較で、コンパクトSUVとして低価格で安定した走行できるRVRを選ぶか、高価格ですが乗り心地や自動車性能が圧倒的に高いエクリスプクロスを選ぶかは、購入者の価値観によるでしょう。

私個人的には、エクリスプクロスを選びます。

やはり、自動車の性能でエクリスプクロスが圧倒的に優れているからです。

エンジン性能や安全性、乗り心地の評価の高さでもわかるように、RVRの車体価格に50万円を上乗せしても、その価格差を埋めて余りあるだけの価値があると思ったからです。

乗り心地や走行性に関しては、相当熟慮して製造されているのがわかります。

ただ、RVRが買いではないということでなく、車内空間が広く、長年ユーザーに支持されている安心感などメリットもあります。

また車体価格も安いですから、どうしても安い方が良い方にはRVRの選択も十分ありだと思います。

さらにRVRは販売台数が少ないことから、「他の人と同じ車はイヤ」という方にはとっても、RVRを選択もありでしょう。

最終的には、購入者の主観で、その人なりの優先順位をもとに後悔なく選んでいただければと思います。

今回は、RVRとエクリスプクロスの三菱のコンパクトSUVどうしの比較でしたが、いかがだったでしょうか?

少しでも車選びの参考になれば幸いです。

アイキャッチ画像引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/eclipse-cross/

この記事を書いた人

ナガクラヤマ
田舎暮らしのアラフォー男。のんびりドライブしながら美味いものを食べるのが好き。

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど
悩みが尽きない…

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1