レクサスIS vs フーガ 徹底比較!どっちが買い?維持費・燃費・乗り心地は?

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1

レクサスISは人気のある車種であり、売り上げトップ3にある車種です。

レクサスISは大きくはないですが、でも小さくもない最も最適な大きさなので人気があるのではないでしょうか。

レクサスISに対しフーガは最先端の全方位運転支援システムを採用し、運転のやりやすさで評価が高い車です。

そんなレクサスIS フーガを、徹底的に比較をしていきます。

スポンサーリンク

レクサスISとフーガはどんな車?

引用:https://lexus.jp/models/is/

レクサスISは新車価格「4,714,000円~6,242,000円」です。

フーガは「4,800,600円~6,964,509円」で下級グレードは、値段的にも余り変わりはありません。

ボディサイズはどうかと言えば、レクサスISは「全長:4680mm全幅:1810mm全高:1430mm」ですが、それほど大きな車ではないようです。

フーガのボディサイズは「全長:4945mm全幅:1845mm全高:1510mm」なので、レクサスISよりも一回り大きな感じですね。

それではレクサスISとフーガの特徴を、紹介していきます。

レクサスISの特徴

引用:https://lexus.jp/models/is/

レクサスISは「3500cc」「2500cc」「2000cc」の、3種類を選ぶことができる車種です。

初代のレクサスISは日本仕様車アルテッツァとして、北米で「1999~2005年」まで販売していた車です。

上品な内装やV型6気筒のエンジンを搭載して、現在ラグジュアリー感をだした車へと進化しました。

値段は2代目モデルよりも上がっていて、外観がとてもスポーティで内装もかなり質感の高い感じになっています。

さらに、走りが良いので山道やワインディングロードなどで、思いっきり走りを楽しむことができます。

3500ccのレクサスISの駆動方式は「2WD」しか選べません。

2500ccのレクサスISはハイブリッドエンジン搭載の車ですが、駆動方式は2WDと4WDを選ぶことができます。

そして、レクサスISのボディサイズはフーガと比較して、全体的に小柄でサイズは「全長:4680mm全幅:1810mm全高:1430mm」です。

引用:https://lexus.jp/models/is/

ボディサイズがそれほど大きくないので、車両感覚もつかみやすいですし最小回転半径が「5.2m」なので、思ったよりも運転しやすい感じです。

外観はアグレッシブスポーツというデザインテーマで開発しています。

その為、スポーティな感じがしますしバンパーのコーナーも、内側の延長でL字型のクリアランスランプと連続性をもたせたヘッドライトです。

レクサスのバンパーには「スピンドルグリル」があり、レクサスを象徴するデザインとなっています。

まさに、レクサスにしか与えられないグリルで、他との差別化を図ると同時に、両下端にあるブレーキダクトへと空気を導いているのです。

ただ、古いレクサスは「L-finesse」という先鋭や、巧みの技を意味するデザインコンセプトを掲げていました。

1989年に北米から展開していたレクサスですが当初は非常に押しの低いフロントグリルでした。

たとえば、フロントグリルにあるエンブレムを外すと、一体どこのメーカーの車なのかがわかりにくいほどだったのです。

現在はスピンドルグリルを採用することで、海外メーカーに負けないブランド力へとパワーアップしました。

レクサスで販売する全車種には、同じスピンドルグリルを採用し統一しています。

その結果、レクサスISを見ても「この車はレクサスだ」と、車名を見なくてもわかるほど印象が残りやすい車になったのです。

フーガの特徴

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/fuga/exterior_interior.html

フーガは日産の車で排気量は「3700cc」と、「2500cc」の2種類あります。

フーガは日産ディーラーで販売している車ですが、日産の高級ブランドであるインフィニティのエンブレムをつけて、日産で販売しています。

レクサスISと比較してフーガは影に隠れて、余り目立たない存在になっています。

フーガの外観はレクサスと比較して、かなりおとなしいデザインとなっています。

おとなしいデザインで、シンプルな印象を与える外観となっています。

また、ヘッドライトの端からテールランプにかけて、流動的なプレスラインがあるのもフーガの特徴です。

フーガのグリルにあるエンブレムを外すと、特徴がないのでさすがにどこのメーカーかもわかりません。

それでも外観はシンプルでおとなしい雰囲気が、高級なイメージを引き出しているようにも感じます。

フーガのボディサイズは「全長:4945mm全幅:1845mm全高:1510mm」と、レクサスISと比較してもワンサイズ大きいセダンです。

最小回転半径も「5.6m」なのでレクサスISの最小回転半径「5.2m」と比較すると、フーガの方は運転しにくそうな感じですね。

では、次にレクサスISと、フーガの維持費を比較していきましょう。

スポンサーリンク

レクサスISとフーガの維持費を比較!

レクサスISは「3500cc」「2500cc」「2000cc」の、3種類の排気量から選ぶことができます。

自動車税はそれぞれ異なっており、3500ccのレクサスISを買った場合の自動車税は「58,000円」となっています。

レクサスISの2500ccは「45,000円」で、2000ccは「39,500円」となっています。

レクサスISの車両重量は排気量によって異なります。

しかし、3500ccと2000ccの車両重量を比較しても、10kgしか変わらないので重量税はどれも変わらない「16,400円」となっています。

排気量3500ccのレクサスISで、年間1万キロの走行距離を走った場合で、年間のガソリン代を計算すると「152,000円」と、少し金額的に高めです。

引用:https://lexus.jp/models/is/

ですが、レクサスISのハイブリッドの場合は、年間のガソリン代「61,304円」とハイブリッドではないレクサスISよりもかなり安いですね。

日産のフーガの場合は排気量は、「3700cc」「3500cc」「2500cc」の3種類を選ぶことができます。

自動車税は「2500cc」のフーガは45,000円で、「3700cc」のフーガは「66,500円」となっています。

自動車税の金額をフーガとレクサスISを比較すると、フーガのほうが値段的に高い感じですね。

フーガの年間のガソリン代は「168,888円」となっていますが、2500ccもほぼ同じ値段でした。

年間のガソリン代をフーガとレクサスISを比較すると、レクサスISが「152,000円」です。

フーガが「168,888円」だったのでその差が、「16888円」フーガのほうが高いという結果になりました。

スポンサーリンク

レクサスISとフーガの燃費を比較!

レクサスISとフーガの燃費ですが、レクサスIS(2500cc)のハイブリッドは、カタログ燃費「23.2km/L」でフーガのハイブリッド「18km/L」よりも燃費が良いです。

レクサスISの3500ccのカタログ燃費は、「10.4km/L」と非常に悪いです。

実燃費はカタログ燃費はレクサスISの3500ccと、ハイブリッドレクサスISを比較指定もそれほど変わりがないですね。

レクサスISの実燃費を見てみると、ハイブリッドと3500ccは余り変わりはないようですが、2000ccのレクサスISの実燃費は「8.19km/L~10.56km/L」となっているので、かなり燃費が悪い感じです。

フーガの実燃費は「5.01km/L~8.07km/L」となっているので、レクサスISのほうが燃費は良いみたいにみえますね。

ですが、フーガのハイブリッドは実燃費「10.00km/L~16.25km/L」となっているので、実際にはフーガのほうが燃費が良い結果となっています

スポンサーリンク

レクサスISとフーガの乗り心地を比較!

引用:https://lexus.jp/models/is/

次はレクサスISと、フーガの乗り心地を比較していきます。

どちらも高級車なので、乗り心地は良くないとなんだか損をした気分になります。

どちらが乗り心地が良いのでしょうか。

まずは、フーガの乗り心地に関しての口コミを紹介します。

・乗り心地は良いです。さすが高級車です。・すごく静かです。ロードノイズや風を切る音もほとんど聞こえません

・高速道路ではフラットな乗り心地です

・エンジンのうなり音がかなり入ってくる

・静粛性という点では少し劣るかなと思います。私の場合はタイヤを変えたらほぼ無くなりました

フーガの乗り心地は口コミでも評価が高く、ほぼロードノイズや風切り音が聞こえないようです。

高級車でも風切り音やロードノイズの音が聞こえると、安っぽく感じますし手抜きなんじゃないかと思ってしまいます。

音に関してはさすが日産というべきか、高級車なのでロードノイズなどの雑音はほぼ無いという口コミが多かったです。

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/fuga/exterior_interior.html

高速道路も道路の継ぎ目を運転手に伝えることなく、衝撃をうまく吸収しているような感じです。

ただ、人によってはエンジンの音が気になるようです。

フーガはパワーがあるのでそれほどアクセルを踏まなくても走るので、エンジン音がうるさいと感じたらアクセルを緩めに踏むと良いですね。

ロードノイズが口コミよりも大きく感じたら、タイヤを交換してみるのも一つの方法だと言えます。

タイヤはみんな同じではなくて、静粛性に優れたタイヤもあるので、ロードノイズが気になるなら交換をしてみてはいかがでしょう。

レクサスISとフーガどっちがおすすめ?

引用:https://lexus.jp/models/is/

レクサスISとフーガは実際に買うとなると、かなり迷ってしまいますよね。

こういう場合はどちらかにしか無い装備を見つけて、その装備が自分の生活スタイルにマッチしているかや、使用頻度は高そうなのかをよく考えて見ると良いでしょう。

私がレクサスISとフーガを買うとすれば、確かに迷う部分がありますが、外観のデザインが個性的なレクサスISを選ぶでしょう。

理由は、外観のグリルのデザインがひと目見ただけでレクサスと分かりますし、デザイン的にスポーティな印象なのでかっこ良いと感じたからです。

装備も価格も燃費も似たり寄ったりの車を選ぶなら、外観のデザインが気に入るかどうかが最終的な選択基準にするほうが良いですね。

まとめ

レクサスISとフーガはどちらも高級なセダンですが、デザインは対象的なものを感じます。

レクサスISはスポーティなデザインですが、フーガの方はシンプルなフロントデザインですが、その中にクールな印象を与える大人の高級車という感じに見えます。

落ち着いた雰囲気の高級セダンを求めているなら、フーガを選んでも後悔は少ないように感じます。

どちらも優れた部分があるので、実際に販売店に行き見比べてみると良いでしょう。

この記事を書いた人

agree
サッカーやラグビーで有名なヤマハスタジアムがある静岡県磐田在住です。
免許取りたての頃は、とにかく運転が大好きでした。
今はいろいろな車のデザインを見るのが好きです。



下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。


btn1-1