CX-8 vs ヴォクシー徹底比較!車中泊はどっちが良い?

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一度の査定で最大5000社が
公開入札であなたの車の
買取価格を競ってくれるので、
あなたの車の最高額がわかるのです。

btn1-1

マツダの高級SUVであるCX-8と、トヨタの同クラスミニバン売上No.1のヴォクシー。

実は購入の際に、この2択で迷っている方も多いと聞きます。

主に子育て世代の方を中心に買い換えを検討される車ですね。

そこで今回は、子育て世代の方必見!

旅行やキャンプで活躍する車中泊にスポットを当て、どちらの車がより適しているのか比較して紹介していきます。

スポンサーリンク

CX-8 vs ヴォクシー 燃費を比較

引用先:https://toyota.jp/voxy/?padid=ag341_from_voxy_navi_top

引用先:https://www.mazda.co.jp/cars/cx-8/

まずはみなさん気になるのは燃費ですよね。CX-8には経済的なディーゼル車が。

ヴォクシーにはハイブリッド車がありますから、どちらも経済的でしょう。

まず先に簡単に各車のスペックを紹介しますね。

CX-8ヴォクシー
290~446万円価格218~338万円
クロカン・SUVタイプミニバン
2200~2500cc排気量1800~2000cc
190~230馬力99~152
2・4WD駆動2・4WD
6~7名定員数5~8名
12~17.6km/Lカタログ燃費14~23.8km/L

さすがに排気量も小さく、ハイブリッド車もラインナップするヴォクシーの方が、カタログ値では良い数値ですね。

では分かりやすく、実燃費はどうなのか?ユーザーの口コミを見ていきましょう。

CX-8

引用先:https://www.mazda.co.jp/cars/cx-8/

・高速使用で15km/L。100kmで走るのが一番燃費が良い数値になります。

(ディーゼル 2.2L 4WD)

・高速と一般道の使用で平均13km/L。これ位走ってくれればありがたい。

(ディーゼル 2.2L 2WD)

・街乗りメインで9km/Lです。このクラスでは仕方ない。

(レギュラー 2.5L 4WD)

ヴォクシー

引用先:https://toyota.jp/voxy/?padid=ag341_from_voxy_navi_top

・街乗りと通勤使用で8km/L。燃費が悪いとは思いませんね。想定内です。

(CVT2.0L 4WD)

・街乗りで10km/L。高速では15km/L位と、思ってたより良い。

(CVT2.0L 2WD)

・街乗りメインだと19km/L。意外と良いのでびっくりした。

(ハイブリッド1.8L)

いかがでしたか?

意外にも、街乗りメインですとCX-8の方が良く、高速使用でも、ハイブリッドを除けば変わらない数値ですね。排気量の差を、ディーゼルで埋めている感じでしょうか。

私でしたら、CX-8のディーゼルも経済的ですが、やはり街乗り使用でも抜群の数値を出すヴォクシーのハイブリッドをおすすめします!

ガソリン価格の差を考慮しても、やはりハイブリッドですからね、これにはかないません。

スポンサーリンク

CX-8 vs ヴォクシー 室内空間はどっちが広い?

引用先:https://www.mazda.co.jp/cars/cx-8/

次はお出かけで重要となってくる、室内空間を見ていきましょう。

外環だけイメージすると、ヴォクシーが広いかな?と思いますよね。

でも今はSUVも乗ってみるとビックリしますからね!それでは紹介していきます。

CX-8ヴォクシー
4900mm
1840mm
1730mm
外観寸法4695mm
1695mm
1825mm
2690mm
1540mm
1250mm
室内寸法2930mm
1540mm
1400mm
最大1480mmラゲッジ幅最大1250mm
740mmラゲッジ高1250mm
500mmラゲッジ奥行475mm

引用先:https://toyota.jp/voxy/?padid=ag341_from_voxy_navi_top

見てもらった通り、室内空間はヴォクシーの方がゆとりのある設計になっていますね。

まあ、これはミニバンである事はもちろん、子育て世代をターゲットとした車で、子供の乗り降りや室内で子供が立てる空間である事を売りにしてますからね。

だからと言ってCX-8が狭いわけではなく、こちらは『大人が3列目に乗っても格好いい車』がコンセプトであるため、SUVでありながらも広さには定評があります。

話は逸れますが、CX-8はヴォクシーに比べて1人辺りの座面が広く、より乗り心地と体への負担を考慮した作りに。

また機能面で、ヴォクシーはセカンドシートが前後にロングスライドするなどのシートアレンジが多彩ですが、サードシートは固定式のチルトアップ式に。

変わってCX-8は大きな空間を生むシートアレンジはありませんが、サードシートが床下収納になるため、チルトアップ式に比べて収納力は勝ります。

このように、使い方によってはどちらも魅力的ですね!

個人的にはヴォクシーのセカンドシートのロングスライドで、リムジン仕様を味わってみたいですね。

まだミニバンという車が生まれての頃、セカンドシートを外してテーブル置いたら格好いいのにな~と妄想してましたから(笑)

スポンサーリンク

CX-8 vs ヴォクシー 『フルフラットさ』比較

引用先:https://toyota.jp/voxy/?padid=ag341_from_voxy_navi_top

車中泊で一番重要となる寝る空間。そもそもフルフラットになるか?なったらどんな状態なのか?気になりますよね。

こちらの2車種では、全く違う形のフルフラット機能となりました。

それでは紹介していきますので、見ていきましょう。

CX-8

引用先:https://www.mazda.co.jp/cars/cx-8/

フルフラットにする為にはまず、2列目と3列目共に、背もたれ部分を前に倒す事でフルフラットを作り出します。

そのため、シートを後ろに倒してフラットにするタイプとは違い、シート座面や背部でできる凸凹といったものは一切ありません。

しかし、6人乗り仕様ではセカンドシートのシート間にコンソールがあるため、凸凹ができてしまいますので、7人乗りのベンチシート仕様がおすすめ。

その他にも、シートを前に倒すタイプのため、セカンドシートから後方にかけて傾斜がついてしまうのが欠点。

ヴォクシー

引用先:https://toyota.jp/voxy/?padid=ag341_from_voxy_navi_top

2列目・3列目を後方に倒す事でフルフラットを作り出します。

こちらも7人乗りですと、セカンドシートがウォークスルー仕様のため、その部分は穴となってしまいますから、8人乗りのベンチシート仕様がおすすめ。

前出の通り、このタイプは座面のシート形状がそのまま影響するため、フルフラットになるとはいえ、そのままでは安眠とまではいかないでしょう。

ここまでの結果なら、フルフラットにより近いのは間違いなくCX-8。

ただし、安心して下さい!どちらの欠点も補えるスーパーアイテムがありますから大丈夫です。

どちらの車種にも、専用設計のシートマットがありますよ!

手頃なお値段なら折り畳み式のマットレスタイプや、高価にはなりますが、ベッドキットという室内幅・奥行き共にギリギリまで、まるできれいにスノコを並べたようになるタイプまで、自分に合う物が見つかる位の種類が流通しています。

私でしたら、そういった所も楽しみたいので、しっかり寸法を計ってDIYでベッドキット風に仕上げちゃいますね。

市販の様にきれいに仕上がらない所もまた愛着が沸き、車中泊やキャンプなども一層楽しくなる事間違いなし!

ちなみに各車とも、室内幅・奥行きを目一杯に使う事で、大人2名+子供2名でしたら問題なく車中泊できるレベルに。

好みもありますが、私はトヨタ社が好きなのでヴォクシーの勝ちとします!

スポンサーリンク

CX-8 vs ヴォクシー 車中泊比較まとめ

引用先:https://www.mazda.co.jp/cars/cx-8/

いかがでしたでしょうか?

ここまで見て頂いた結果、どちらがより優れているというよりは、長所や欠点が明確になり、より選びやすくなったのではないでしょうか。

私でしたら、子育て世代にはやっぱりヴォクシーをおすすめしますね。

荷物の積載量と、シートアレンジの豊富さ、そして室内高がある事がより車中泊に向いていると言えます。

そして税金などの維持費もこちらの方が安く、経済的です。

もちろん、悪路や斜面を走破する場面には、CX-8の方が馬力もありますから向いていますね。

シート設計も長距離向きですし、よりアクティブになれる車と言えるでしょう。荷物も十分に積めます。

ぜひ、あなたのライフスタイルと照らし合わせて検討してみてください。最高のキャンプや車中泊になること間違いないでしょう!

それではまた!

アイキャッチ引用画像:https://www.mazda.co.jp/cars/cx-8/

アイキャッチ引用画像:https://toyota.jp/voxy/?padid=ag341_from_voxy_navi_top

この記事を書いた人

ヒロセ!
昔から車が大好きでした。そのため気に入った車を徹底的に調べています。詳しく知ってこの車は楽しい!という想いをあなたにお伝えしてきます。ぜひ私の記事をお楽しみください!良いと思いましたらぜひシェアをお願いします^^

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど
悩みが尽きない…

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一度の査定で最大5000社が
公開入札であなたの車の
買取価格を競ってくれるので、
あなたの車の最高額がわかるのです。


btn1-1


スポンサーリンク


スポンサーリンク