新型CX-5の試乗レビュー情報!

9

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1

マツダの新型CX-5に試乗した方のレビューはどうなっているでしょうか?。

新型CX-5に試乗した感想などのレビューをご紹介します。

スポンサードリンク

新型CX-5試乗レポート

マツダの新型クロスオーバーSUV CX-5は、日産のエクストレイルやトヨタのC-HRのライバル車です。

ライバル車と比較しても、シルエットや塗装などCX-5は完成度の高いクルマです。

マツダがこだわり続けるクリーンディーゼルエンジンであるSKYACTIV-Dを搭載した新型CX-5が、2017年2月にいよいよ発売されました。

2代目にあたるCX-5は進化した完成度の高いクルマです。

今回は人気の高いXD L Package 4WDに試乗してきましたのでその感想をお伝えいたします。

 XD L Package

XD L Package 4WD ボディーカラー:ソウルレッドプレミアムメタリック

引用:http://www.mazda.co.jp/cars/cx-5/grade/?link_id=xd#cx-5

スポンサードリンク

走行性能

2.2Lのクリーンディーゼルエンジンを搭載した新型CX-5。

まず最初に驚いたのが、エンジン音がとても静かで、ディーゼルエンジンとは思えなかった点です。

ガソリンエンジンと遜色ない音振性能を発揮しています。

しかもパワフルでアクセル操作に敏感に反応し、きびきびとした走りを見せてくれていて、走りの面でもガソリンエンジンと遜色のないものでした。

さすがマツダのこだわりのSKYACTIV-Dだけあって、完成度の高いエンジンです。

ディーゼル特有の低速域でのトルクの太さが、パワフルさを感じさせてくれています。

JC08モード燃費は17.2km/Lで、ライバル車にはディーゼルエンジン車がないので、ガソリン車と比較しますが、エクストレイル20Xtt 4WDが16.0km/L、C-HR G-T 4WDが15.4km/Lなので、さすがにディーゼルの燃費の良さが際立ちます。

ディーゼルは燃料自体がガソリンよりも1~2割安いので、燃料代はかなり節約できます。

発売直後ということもあって実燃費のデータはありませんが、大体カタログ値の70%程度というのが実燃費の相場ですから、12km/L前後になると思われます。

さらに新型CX-5で特筆すべきは、直進や緩いコーナーでのライントレース性の高さでした。

マツダの新技術であるG-ベクタリング コントロール(GVC)の効果のようで、変な挙動が出ず非常に走りやすいことを実感しました。

このクルマのコンセプトは人馬一体。

自分の意図したとおりにクルマが反応し、まるでクルマが自分の体の一部になったかのような一体感を生み出すとのこと、新型CX-5はコンセプト通りのクルマに仕上がっていました。

SKYACTIV-D

SKYACTIV-D 2.2L

引用:http://www.mazda.co.jp/cars/cx-5/grade/?link_id=xd#cx-5

G-ベクタリングコントロール

G-ベクタリングコントロール

引用:http://www.mazda.co.jp/cars/cx-5/feature/driving/skyactiv-vd/?link_id=sbnv

スポンサードリンク

外観

とても洗練され深化したフォルム、新型CX-5はその完成度の高さを示してくれています。

大きめのフロントグリルながら、控え目なデザインで、自己主張をしていません。

エクステリア全体とよくマッチングしています。

そしてLEDヘッドランプの目つきがフロントマスク全体を精悍な感じに仕上げてくれています。

先代CX-5からあまり変わりばえしないという外観の評判ですが、CX-5の伝統を受け継ぎながら、より磨きがかかって深化されていて、正常進化している感じがします。

ボディーカラーも非常に質感があり深みのある色に仕上がっています。

試乗したのは特別色のソウルレッドプレミアムメタリックでしたが、ボディーラインの陰影を美しく浮かび上がらせてくれていて、とても格好いいです。

マツダがこだわっている塗装だけあり、高級感が漂っています。

そのクルマの足元を演出しているのが19インチアルミホイールです。

切削仕上げにガンメタリックの塗装を施したアルミホイールは、引き締まったボディーと一体となり、美しい外観を醸し出してくれます。

この19インチアルミホイールには、オプションも設定されており、スポークタイプのオプションアルミホイールはとてもスポーティーな外観になります。

夏タイヤはオプションのホイールを履かせ、標準のアルミホイールにはスタッドレスを履かせると、どちらもドライブシーンにマッチすると思います。

フロントマスク

フロントマスク

引用:http://www.mazda.co.jp/beadriver/design/cx-5_shinka/

LEDヘッドライト

LEDヘッドランプ

引用:http://www.mazda.co.jp/cars/cx-5/grade/?link_id=xd#cx-5

アルミホイール

19インチアルミホイール

引用:http://www.mazda.co.jp/cars/cx-5/grade/?link_id=xd#cx-5

⇒ 新型CX-5を値引きから更に50万円安く買う裏ワザ!

運転席まわり

インパネまわりは黒を基調としたシックな感じですが、シルバーのメッキが全体をおしゃれな感じに仕上げてくれています。

シート地のホワイトとのバランスも絶妙でした。

計器類もとても見やすい位置に配置されており、視認性、操作性ともに抜群でした。

また、Aピラーも視界を遮らない位置に配置されていて非常に見晴らしが良く、スポーティーな走りにも対応してくれています。

運転席のシートに座ると、体を包み込むようなシートが体を必ず中心に導き、アクセルやブレーキのペダルがとても自然な位置にあり、ドライビングポジションが一発で決まります。

乗り込んだ感じは、まるで戦闘機のコクピットのような感じです。

運転席に座るととてもわくわくさせてくれます。

アクセルペダルは非常に操作性が良く、長距離を運転しても疲れないつくりになっていました。

マツダは常に、人とクルマがつながりあうためのドライビングポジションを追究しているとのことですが、まさにクルマが自分の手足となったような感覚を味わえる運転席まわりです。

運転席まわり

運転席まわり

引用:http://www.mazda.co.jp/cars/cx-5/grade/?link_id=xd#cx-5

内装・居住性

試乗したのはピュアホワイトの内装でしたが、シートの座り心地が良く、本革の肌触りが何とも言えない満足感を与えてくれます。

そして、リアシートに座るとまるでリビングでソファーにくつろいでいるような感覚になります。

非常に居住性が良いシートも新型CX-5の特徴の一つです。

このピュアホワイトの内装は、ソウルレッドプレミアムメタリックのボディーカラーともマッチしていて、全体的に清潔感と高級感を感じさせてくれる色合いになります。

もう一つ特筆すべきなのは、運転席のシートの出来です。

運転席に座ると体がすっぽりと包まれるように収まり、とてもしっかりとしたホールド感があります。

運転席まわりがまるでコクピットのようだと紹介しましたが、CX-5は単なる操縦席ではないようです。

クロスオーバーSUVというと走りに特化した車というイメージがありますが、CX-5は単なるスポーツカーではないようです。

足元、サイド、頭上などの空間はしっかりと確保されていて、居心地の良い居住空間に仕上がっています。

シートの居住性も相まって、クルマ全体が動くリビングという感じでした。

シート

室内空間

引用:http://www.mazda.co.jp/cars/cx-5/grade/?link_id=xd#cx-5

シート地

パーフォレーションレザー

引用:http://www.mazda.co.jp/cars/cx-5/grade/?link_id=xd#cx-5

パワーリフトゲート

L Packageに標準装備されているのがリアのパワーリフトゲートです。

アドバンスキーのスイッチ操作で自動開閉でき、とても便利な機能です。

背の高さに合わせて最適な角度に開度を調整できますので、背の高い方でも低い方でも使いやすいようになっています。

非常に軽量なリアゲートですので、スムーズな動きと静かな作動音を実現しています。

こういった細かいところまで配慮が行き届いているのも新型CX-5の特徴です。

パワーリフトゲート

パワーリフトゲート

引用:http://www.mazda.co.jp/cars/cx-5/grade/?link_id=xd#cx-5

スポンサードリンク

安全装備

新型CX-5は安全装備も充実しています。

フロントウィンドウに映し出されるアクティブドライビングディスプレイは、前方の視界を遮らずに車速などの走行情報を与えてくれます。

運転中に前方から視線を外さなくても良いので、安全運転に集中することができます。

次にi-ACTIVSENSEですが、こちらも優れものです。

安全運転ができる状態を常に保ち、事故のリスクを最小限に抑えてくれます。

i-ACTVSENSEには、レーンキープアシストシステム、前進時及び後退時のAT誤発進抑制制御やアドバンストスマートシティブレーキサポート、ヒルローンチアシスト、レーダークルーズコントロールなどの機能が備わっており、ヒューマンエラーによる事故を未然に防いでくれます。

近未来的なシステムを装備しており、安全対策も確実に進化を遂げているようです。

アクティブドライビングディスプレイ

アクティブドラインビングディスプレイ

引用:http://www.mazda.co.jp/cars/cx-5/grade/?link_id=xd#cx-5

i-ACTIVSENSE

i-ACTIVSENSE

引用:http://www.mazda.co.jp/cars/cx-5/feature/safety/i-activsense/?link_id=sbnv

新型CX-5のオプション紹介!

新型CX-5の値引き情報! 相場や交渉術は?

新型CX-5 納車時期情報!

新型CX-5の エコカー減税やその他税金情報!

新型CX-5の色・カラー紹介! 人気カラーはどれだ?

新型CX-5の燃費情報! 実燃費はどれぐらい?

新型CX-5の口コミ情報! 評価や評判はどうなってる?

新型CX-5のスペック紹介! 特徴や性能は?

新型CX-5 価格・値段をグレード別に紹介!


新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1

スポンサーリンク


スポンサーリンク