日産サニーのサニトラとクーペって?アドバンサニーはいつ頃走ってた?マルゼンテクニカって何?

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1

日産サニーは、日産自動車が1966年から2004年まで製造・販売していた大衆車です。

サニーは日産の最小排気量クラスを担う主力車種として、高度経済成長期からバブル経済期までのベストセラーカーでした。

日本の大衆車の中でもトヨタ・カローラと双璧をなす存在で、その最盛期には「CS戦争」
(C=カローラ、S=サニー)ともいわれる、販売台数の熾烈な争いを繰り広げたことで知られています。

ボディタイプは2ドアセダンからスタートし、2ドアクーペ、3ドアクーペ、3ドアハッチバック、ピックアップトラック、などのバリエーションが存在しました。
coope1


引用:https://www.asahi.com/and_M/articles/SDI2018060197931.html

 

日産サニーのサニトラやクーペってどんな車?

Datsun-SunnyTruckB20

引用:https://www.asahi.com/and_M/articles/SDI2018060197931.html

日産・サニートラック日産 サニーのラインナップのなかで、未だにセダン・クーペなどと違った愛され方をするのが、サニーのピックアップトラックである通称「サニトラ」です。

初代は1967年「B20型」として誕生したサニトラは、1971年には2代目となる「B120型」へとモデルチェンジを実施。改良を重ねながら1994年まで販売されました。

サニートラックは、日産自動車が製造していた商用車。小型ボンネットトラックに分類され、通称「サニトラ」と当時から呼び親しまれていました。

当初は大衆車「ダットサン」ブランドで販売されてて、1985年より「ニッサン」ブランドに変更・統合されています。

sani-tora-amazon

日産自動車での小型自動車のブランドである「ダットサン」の型式は、10の位の数字が、乗用=1、商用=2と規定されていたため、ピックアップのトラックは、サニーのコードである「B」を冠し、B20となっています。

初代B20型(1967年 – 1971年)初代サニートラックはベースはサニーB10型。
GB120型 2代目サニートラック ロングは1971年2月に B120型を発表しています。

ベースはサニーB110型。初期型はフロントグリルがサニーセダン及びバン(1970-71年の前期型)と共通の、ステンレス製で、インパネのコンビネーションメーターは長方形です。

また、1972年1月にセダンがマイナーチェンジ後もトラックのフロントグリルは変更されませんでした、1972年に南アフリカでの販売開始されています。

2代目のB120型以降、大幅なモデルチェンジもなく、ライバル車種となるトヨタ自動車のパブリカピックアップとともに生産が続けられました。

当初は大衆車「ダットサン・サニー」のバリエーションモデルとして登場し、「ダットサン」のブランドで販売されていましたが、1985年より「ニッサン」ブランドに変更し統合されました。

1980年代以降、そのスタイルと動力性能や廉価な維持費がクルマ好きの注目を集めて、チューニングパーツも豊富で、FRの駆動方式が当時のマニアに受けて、高回転域までストレスなく吹け上がるA型エンジンが搭載されていることから、チューニングカーのベース車として人気を博していました。

1980年代のアフリカで開催されたラリーでは、実際にモディファイされたサニートラック 1200(公認車両名はダットサン・サニーピックアップ B120 )が数台出走しており、結果を残している。

村山工場にて製造され1966年12月から行われていたが、1970年2月より愛知機械工業に移管されています。

当時B110サニーが発売されて間もなくして、日産からは何一つパーツがリリースされておらずその頃に、鈴木誠一氏が運営する東名自動車(当時)が独自のノウハウでA12型エンジンと車体をチューン。そしてマルゼンテクニカ東名サニーを完成させました。


maruzen-tomei-sani

1970年11月に開催されたストックカー富士200スピードウエイのレースでのデビュー戦では、優勢と見られたワークスカローラ勢を鈴木誠一氏のドライビングで一瞬で抜き去り華麗なる優勝を果たしています。

当時、プライベートチームが巨大ワークスチームを打ち破る事自体が前例の無い快挙で、全国のカーマニアに大きな希望を与えました。

この快挙により日産もサニー用レーシングパーツを積極的にリリースしました、合わせてTSレースはサニー一色になるほどのサニー人気でした。

後にTSレースはDOHCスターレットとシビックが登場して、これら個性的な役者が人気を牽引。

前座レースのはずのTSレースは本レースを食う程の人気となりました。このTSレースとサニーは多くのチューナーとドライバーを育てあげ、日本のレース界に大いなる影響を与えることとなりました。

その中にはのちに『日本一速い男』と呼ばれて、フォーミュラ・ニッポンでチームインパル監督を務める星野一義氏もいました。

日産サニーのアドバンサニーはいつ頃レースで走ってた?

ADVAN-SANI--2

引用:https://www.pinterest.com/pin/763008361840408900/

そしてB110がデビューした1970年11月、1台のサニークーペがレースデビューしました。

チューナーは東名自動車、運転ドライバーは鈴木誠一でした。悲運にもドライバーの鈴木誠一選手は1973年にレース中の事故で亡くなったそうです。

1970年に開催された「トランズニックス第1戦」富士100キロレースにおいて、並みいるトヨタ勢をおさえて見事優勝したのが、このマルゼンテクニカB110サニーです。

日産・大森ワークスの一員かつ東名自動車の代表だった彼はサニークーペをレーシングカーとして仕立て直したのでした。

結果として、1300クラスで優勝をはたし、それ以降TSの1300クラスでは定番の車種となっていました。

その後、チューニングのノウハウはストリートへと流れ、B110型サニーは走り屋たちにも愛され、更にコンポーネンツを共用するB120型サニートラックにも人気は及び、

90年代初頭には、とあるプライベートなチューナーが雑誌社主催のゼロヨンでA14型をベースにチューニングしたサニートラックで12秒台というタイムを、叩き出すという快挙を成し遂げる事になるのです。

日産サニーとマルゼンテクニカって何?

日産 サニーの歴代モデルのなかでも、特にダットサンブランドで販売された「B10型系」から、ラストダットとなる「B310型系」で設定されたクーペモデルは、「サニークーペ」と呼ばれ、今でも特別な存在です。

coope111

引用:https://www.asahi.com/and_M/articles/SDI2018060197931.html

2代目モデル「B110型系」では、TSクラスのレースにおいてダントツの強さを誇り、ベース車両となった「1200GX-5」は、当時としては珍しい直結5速MTのスポーツ仕様で、今でもそのモデルをファンが呼ぶ際には「5速直結」とされるほどです。

また、サニークーペを駆ったTSレースでは、後に偉大なレーサーとなるドライバーやメカニックを育て、そのなかには現チームインパル監督となる星野一義氏も含まれます。

1970年に開催された「トランズニックス第1戦」富士100キロレースにおいて、並みいるトヨタ勢をおさえて見事優勝したのが、このマルゼンテクニカB110サニーです。

img_0ht

エンジンは、L型と並んで名機の誉れ高いA12。OHVながら、チューニング次第で「へたなDOHCより回る」との評判を得ていたようです。

この勝利をきっかけに、B110サニーは長らくTSレース等で活躍する事となりました。

キャッチ画像引用: http://car-me.jp/ahead/articles/10323

この記事を書いた人

ぜろよん
竜郷町在住、毎日エメラルドブルーの海をみて
くらしています。

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど
悩みが尽きない…

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1