新型N-ONEの色・カラー紹介! 人気カラーはどれだ?

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1

箱型のスペース重視のタイプが多いホンダNシリーズの中で、ひときわ個性を輝かせている車がN-ONEです。

このN-ONE、カラーバリエーションの多さが特徴ですが、多すぎてかえってどれを選べばいいか迷ってしまいますよね。

そこでN-ONEの色・カラーに注目して、人気カラーも合わせて紹介していきます。

新型N-ONEの色・カラーはどのくらいある?

引用:https://www.honda.co.jp/N-ONE/webcatalog/styling/design/

N-ONEの色・カラーはどのくらいあるのでしょうか?

N-ONEは単色が11色ツートンカラーが19色と多種多様にわたっています。

こんなにたくさん選べない!という嬉しい悲鳴が聞こえて来そうですね。

 

しかしN-ONEは、すべて選び放題というわけではなく、グレードによって選べる色・カラーが決まっているのです。

なかにはツートンカラーのみ設定しているグレードも。

 

ではまずN-ONEのグレードを紹介してみましょう。

N-ONEのグレード

・Standard

・Select

・Premium

・RS

 

N-ONEは主に4グレードがあり、それぞれのグレードにしかない色・カラーが用意されています。

ツートンカラーはルーフのカラーだけで5種類も用意されているのです。

引用:https://www.honda.co.jp/N-ONE/webcatalog/styling/design/

N-ONEの色・カラーの種類と組み合わせ数は、グレードとルーフのカラーごとによって、このようになっています。

ルーフのカラー
グレード ボディ同色 ホワイト ブラウン シルバー ブラック レッド
Standard 8 6
Select 5
Premium 5 2 3
RS 3 2

 

N-ONEのグレードは、どんな特徴があるかというと。

Standardはパステルがかった色合いが特徴で、どこか無印良品的な良さを感じさせます。

Selectはルーフとグリルがブラウンになっていて、オシャレな女性に似合いそうなテイストですね。

Premiumの色・カラーはハッキリとしたトーンで、男性が乗っても似合いそうです。

RSはその名の通りスポーティーな色彩が特徴で、N-ONEを走らせてみたくなるような粋なカラーリングが揃っています。

たくさんの色・カラーがあるN-ONEも、グレードによって印象やテイストが違うので、色そのものだけではなくトーンや雰囲気から選んでみるのもいいでしょう。

 

新型N-ONEの単色カラーを紹介!

N-ONEの単色カラーを紹介していきます。

プラチナホワイト・パール

引用:https://www.honda.co.jp/N-ONE/webcatalog/styling/design/

選択可能なグレード・上乗せ価格

・Standard ・Premium
税込32,400円

 

定番のホワイトです。

飽きにくくどの風景にも馴染むため、人気のある色・カラーになります。

パール加工が施されているので、柔らかい光沢を放っているのが特徴です。

ギラギラした感じではなく、上品な色合いが好印象ですね。

 

ルナシルバー・メタリック

引用:https://www.honda.co.jp/N-ONE/webcatalog/styling/design/

選択可能なグレード・上乗せ価格

・Standard
上乗せ価格なし

 

このルナシルバー・メタリックは、純粋なシルバーのキラキラした感じではなく、グレーに近い色・カラーです。

N-ONEの個性的な外観に対して地味な印象を受けます。

しかしシルバーは汚れが目立たない、小さな傷が目立たないなど、メンテナンスに気をつかう頻度が他の色・カラーに比べて少ないのが嬉しいところです。

 

クリスタルブラック・パール

引用:https://www.honda.co.jp/N-ONE/webcatalog/styling/design/

選択可能なグレード・上乗せ価格

・Standard ・Premium
上乗せ価格なし

 

こちらも定番で人気の色・カラーになるクリスタルブラック・パールになります。

パール加工なので、ブラックでも柔らかめな印象です。

ブラックはシルバーとは逆に汚れが目立つ色・カラーで、洗車などマメなメンテナンスが必要になります。

 

ミラノレッド

引用:https://www.honda.co.jp/N-ONE/webcatalog/styling/design/

選択可能なグレード・上乗せ価格

・Standard
上乗せ価格なし

 

ホンダの車に昔から設定している色・カラーがミラノレッドになります。

鮮やかでとても元気が出そうな色・カラーですね。

反面落ち着きも感じられ、絶妙なバランスを持ったレッドではないでしょうか。

 

ピーチブロッサム・パール

引用:https://www.honda.co.jp/N-ONE/webcatalog/styling/design/

選択可能なグレード・上乗せ価格

・Standard
税込32,400円

 

桃の花をイメージしたピーチブロッサム・パール。

ハッキリしたピンクではなく、淡いパールの上品な光沢が特徴的です。

これなら女性だけでなく、男性も違和感なく乗れるのではないでしょうか。

 

プレミアムアイボリー・パールⅡ

引用:https://www.honda.co.jp/N-ONE/webcatalog/styling/design/

選択可能なグレード・上乗せ価格

・Standard
税込32,400円

 

車の色・カラーでアイボリーは、地味過ぎるのかあまり定着しませんが、N-ONEのポップな外観とのバランスがとれていて悪くはありません。

 

アッシュグリーン・メタリック

引用:https://www.honda.co.jp/N-ONE/webcatalog/styling/design/

選択可能なグレード・上乗せ価格

・Standard
上乗せ価格なし

 

グリーンは車の色・カラーの中でも、人気のある方ではありません。

しかしアッシュを入れることで、定番色のホワイトやシルバーに寄せて来ました。

アッシュグリーンでもミリタリーな感じはせず、街並みにも合いそうな色・カラーだと思います。

 

サーフブルー

引用:https://www.honda.co.jp/N-ONE/webcatalog/styling/design/

選択可能なグレード・上乗せ価格

・Standard
上乗せ価格なし

 

とても爽やかな色・カラーのサーフブルー。

パールもメタリック加工もないソリッドカラーですが、安っぽく見えず逆に外観の魅力を引き立たせているところが、N-ONEの素晴らしいところですね。

 

シャイニンググレー・メタリック

引用:https://www.honda.co.jp/N-ONE/webcatalog/styling/design/

選択可能なグレード・上乗せ価格

・Premium
上乗せ価格なし

 

N-ONEの中では重厚な印象なのがシャイニンググレー・メタリックです。

車の機械・マシンといった部分を際立たせています。

N-ONEを、あまりファニーなテイストにしたくない人にオススメの色・カラーです。

 

ブリティッシュグリーン・パール

引用:https://www.honda.co.jp/N-ONE/webcatalog/styling/design/

選択可能なグレード・上乗せ価格

・Premium
上乗せ価格なし

 

ブリティッシュという言葉で、外国車「ミニ」を想像する人も多いと思います。

N-ONEも丸目の車なので、このブリティッシュグリーン・パールもお似合いではないでしょうか。

 

ミッドナイトブルービーム・メタリック

引用:https://www.honda.co.jp/N-ONE/webcatalog/styling/design/

選択可能なグレード・上乗せ価格

・Premium
税込32,400円

 

ネイビーに近いミッドナイトブルービーム・メタリックは、とても精悍で引き締まって見えます。

ダーク系がいいけど、黒ではありきたりと思っている人にオススメの色・カラーです。

 

新型N-ONEのツートンカラーを紹介!

Standardのツートンカラー

●クリスタルブラック・パール&ホワイト

引用:https://www.honda.co.jp/N-ONE/webcatalog/styling/design/

上乗せ価格:59,400円

 

●ミラノレッド&ホワイト

引用:https://www.honda.co.jp/N-ONE/webcatalog/styling/design/

上乗せ価格:59,400円

 

●アッシュグリーン・メタリック&ホワイト

引用:https://www.honda.co.jp/N-ONE/webcatalog/styling/design/

上乗せ価格:59,400円

 

Standardには、ルーフにホワイトのツートンカラーが用意されています。

特にブラックやアッシュグリーンは、ホワイトが加わることで、軽やかな印象になっていますね。

 

●ピーチブロッサム・パール&ホワイト

引用:https://www.honda.co.jp/N-ONE/webcatalog/styling/design/

上乗せ価格:81,000円

 

●プレミアムアイボリー・パールⅡ&ホワイト

引用:https://www.honda.co.jp/N-ONE/webcatalog/styling/design/

上乗せ価格:81,000円

 

●サーフブルー&ホワイト

引用:https://www.honda.co.jp/N-ONE/webcatalog/styling/design/

上乗せ価格:59,400円

 

上記の3カラーはルーフのホワイトで、パステルカラーのような色合いに見えます。

丸目のヘッドライトも相まって、可愛らしい雰囲気を醸し出しています。

 

Selectのツートンカラー

Selectはルーフだけでなく、フロントフェイスの部分やドアミラーまでブラウンで揃えたツートンカラーになっています。

●プラチナホワイト・パール&ブラウン

引用:https://www.honda.co.jp/N-ONE/webcatalog/styling/design/

上乗せ価格:21,600円

 

●ピーチブロッサム・パール&ブラウン

引用:https://www.honda.co.jp/N-ONE/webcatalog/styling/design/

上乗せ価格:21,600円

 

●プレミアムアイボリー・パールⅡ&ブラウン

引用:https://www.honda.co.jp/N-ONE/webcatalog/styling/design/

上乗せ価格:21,600円

 

●アッシュグリーン・メタリック&ブラウン

引用:https://www.honda.co.jp/N-ONE/webcatalog/styling/design/

上乗せ価格なし

 

●サーフブルー&ブラウン

引用:https://www.honda.co.jp/N-ONE/webcatalog/styling/design/

上乗せ価格なし

 

ブラウンの部分が増えることによって、オシャレな感じがするのは不思議ですよね。

何か生活全体にこだわりがあるような。

5色あるうちで、ピーチブロッサム・パールとプレミアムアイボリー・パールⅡは特にお似合いです。

 

Premiumのツートンカラー

●プラチナホワイト・パール&ブラック

引用:https://www.honda.co.jp/N-ONE/webcatalog/styling/design/

上乗せ価格:81,000円

 

●ブリティッシュグリーン・パール&シルバー

引用:https://www.honda.co.jp/N-ONE/webcatalog/styling/design/

上乗せ価格:59,400円

 

●ミッドナイトブルービーム・メタリック&シルバー

引用:https://www.honda.co.jp/N-ONE/webcatalog/styling/design/

上乗せ価格:81,000円

 

●ミラノレッド&ブラック

引用:https://www.honda.co.jp/N-ONE/webcatalog/styling/design/

上乗せ価格:59,400円

 

フロントグリルにクロームメッキを施したりヘッドライトにチタンコートを配したPremiumは、ルーフもブラックとシルバーの精悍な色・カラーがセレクトされています。

特にミラノレッド&ブラックは、とてもスポーティでカッコイイですね。

プラチナホワイト・パール&ブラックは、定番色の組み合わせで、安定感半端ありません。

 

RSのツートンカラー

グレード名RSの通り、ルーフの色・カラーもレッドとブラックで、スポーティーな印象のツートンカラーです。

●プラチナホワイト・パール&レッド

引用:https://www.honda.co.jp/N-ONE/webcatalog/styling/design/

上乗せ価格:21,600円

 

●シャイニンググレー・メタリック&レッド

引用:https://www.honda.co.jp/N-ONE/webcatalog/styling/design/

上乗せ価格:21,600円

 

プラチナホワイト・パール&レッドはホンダのタイプRを連想させるようなスパルタンな組み合わせですね。

ただレッドのルーフは、間もなく生産終了になる模様。

手に入れるなら早めがオススメです。

 

●サンセットオレンジⅡ&ブラック

引用:https://www.honda.co.jp/N-ONE/webcatalog/styling/design/

上乗せ価格なし

 

●ブリティッシュグリーン・パール&ブラック

引用:https://www.honda.co.jp/N-ONE/webcatalog/styling/design/

上乗せ価格なし

 

●ブリリアントスポーティブルー・メタリック&ブラック

引用:https://www.honda.co.jp/N-ONE/webcatalog/styling/design/

上乗せ価格なし

 

やはりブラックのルーフはカッコイイですね。

特にサンセットオレンジⅡ&ブラックは、2色の組み合わせのバランスが絶妙だと思います。

しかも意外と価格の上乗せがないところが、財布に優しく素晴らしいです(RSの価格自体は高めでしょうが)。

 

新型N-ONEの人気カラーはどれ?

引用:https://www.honda.co.jp/N-ONE/webcatalog/styling/design/

N-ONEには様々な色・カラーがありますので、他の人が何色を選んでいるのか知りたくなりますよね。

そう!気になるのが、N-ONEの人気カラーです。

派手なカラーもあれば地味なカラーもあるN-ONEのカラー人気は、果たしてどんな結果なのでしょうか?

 

N-ONEの人気カラーランキング

第1位:プラチナホワイト・パール

第2位:クリスタルブラック・パール

第3位:ミラノレッド

第4位:ルナシルバー・メタリック

 

引用:https://www.honda.co.jp/N-ONE/webcatalog/styling/3d/

意外とといっては何ですが、これだけのカラーバリエーションがありながら、上位はほとんど定番色が占めてしまいました。

やはり長く乗ることを考えたら、安心感のある色・カラーに落ち着くのでしょうか。

それに定番色は、車を手放すときに高く買い取ってもらえやすいのです。

ホワイト(パール)・ブラック・シルバーの査定額は他の色・カラーより10万円以上の差が生じることもあるとか。

どの色・カラーにするか迷っていたり、こだわりがない人は、リセールバリューの良さで定番色に決めていたとしても不思議ではありません。

 

その中でもミラノレッドはよく健闘していると思います。

ただレッドは紫外線を吸収しやすい色で、そのため色褪せや変色が早いことも知っておきましょう。

引用:https://www.honda.co.jp/N-ONE/webcatalog/styling/design/

このようにN-ONEの人気カラーは定番色が多いのですが、少々もったいない気がします。

せっかくたくさんのカラーバリエーションがあるのだから、N-ONEにしかない色・カラーに挑戦してみるのもイイのではないでしょうか。

個人的にはミラノレッド&ブラックや、サンセットオレンジⅡ&ブラックが気になります。

とはいえ、いざ購入するとなると定番色に落ち着きそうなのですがね(笑)。

 

新型N-ONEの色・カラーまとめ

引用:https://www.honda.co.jp/usersvoice/list/n-one/2019/000016.list.&n-one&.1.date.html

N-ONEの色・カラーは単色とツートンカラーが用意されていました。

またグレードによって、採用されている色・カラーや組み合わせが違っています。

N-ONEは、機能や室内の広さがセールスポイントの車ではなく、デザインやスタイルを前面に出した車です。

なので気に入った色・カラーがあったら、素直にそれを理由にN-ONEを手に入れてみるのもイイのではないでしょうか。

これだという色・カラーが見つかるといいですね。

キャッチ画像引用:https://www.honda.co.jp/N-ONE/

この記事を書いた人

つかや

夢は自動車運転で日本一周!

移動中にも楽しめるなんて最高ですよね。

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど
悩みが尽きない…

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1