スパークプラグの交換時期はいつ?費用を安く抑えるならココだ!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一度の査定で最大5000社が
公開入札であなたの車の
買取価格を競ってくれるので、
あなたの車の最高額がわかるのです。

btn1-1

スパークプラグを定期的に交換をしていますか?

もし、新車の時から交換をしていないと言うなら、エンジン本来のパワーを発揮できていない可能性があります。

このページでは、スパークプラグの交換時期や、かかる費用について紹介をしていきます。

また、スパークプラグの根本的なご紹介も後半に記載しますので、知っている方は再確認としてご参考ください。

スポンサーリンク

スパークプラグの交換時期を見極めるために寿命を確認する

プラグ2

スパークプラグの寿命を確認するには、実際に目で見て判断をします。

スパークプラグの点検では、プラグの先端にある「碍子(がいし)」と呼ばれる部分が、黒いという場合は冷え過ぎで、白いという場合は焼けすぎと判断すると良いでしょう。

スパークプラグにとって丁度良い焼け具合というのは「きつね色」です。

さらに、白い碍子の先に鉄製の丸い突起で「中心電極」という部分があります。

スパークプラグの電極説明

その「中心電極」の角が丸くなってきたら、交換をするタイミングと言えます。

スパークプラグの交換タイミングは乗用車で走行距離「15,000~20,000km」で、軽自動車の場合は「7,000~10,000km」とされております。

また、ワンランク上にあたるイリジウムプラグも交換時期の確認が必要です。

イリジウムプラグの交換時期は間違ってないですか?

プラグ3

「イリジウムプラグは交換しなくても良い」

という話を私も以前聞いたこともありましたし、私と同じように考えていた方もいるかもしれません。

確かに、イリジウムプラグはスパークプラグより長寿命なものが多いですが、定期的な交換は必要です。

一般的なイリジウムプラグは「20,000km」を目安に交換が必要です。

ただし、イリジウムプラグによっては交換が「100,000km」の場合もあります。

それは、「白金プラグ」と言われていて、長寿命なプラグなのです。

スパークプラグ交換目安、イリジウム

スパークプラグを交換したときの効果

プラグ4

スパークプラグは徐々に劣化していきます。

普段車に乗っていて「最近パワーが落ちてきたなぁ」と、感じてきたら、スパークプラグの点検を一度してみましょう。

ほかにも、燃費が落ちてきたというように、目で見て分かるような症状も見逃さないようにしてくださいね。

もし、スパークプラグを交換した場合は、「燃費が悪い」という部分は改善されることが良くあります。

他にもパワーが戻って、走りが楽しくなることもあるのです。

スパークプラグのメーカーは「NGK」「デンソー」などが有名ですが、他にもチャンピオンプラグやボッシュ製のプラグもありますよ。

私自身もいろんなプラグメーカーを試してきましたが、その違いは全く分かりませんでした。

これだけは言えるのが、劣化したスパークプラグは交換したほうが燃費が上がりやすいですし、本来のエンジンパワーが戻ってくる可能性があるということです。
スポンサーリンク

スパークプラグはどこで交換したら良い?費用が一番安い店は?

スパークプラグ2

スパークプラグを交換する場合は、ガソリンスタンドや大手カー用品店でやってもらう場合が多いですよね。

スパークプラグの交換費用はどこが安いのかや、信頼性と整備能力の違いを実体験で紹介していきます。

ガソリンスタンド

プラグ5

私は実際にガソリンスタンドでアルバイトとして、働いていたことがあります。

その時の経験からして、ガソリンスタンドでスパークプラグの交換は、他の店と比較して値段が高く感じます。

ガソリンスタンドでは整備資格がなくても、分解整備以外の軽整備なら、他人の車のオイル交換やプラグ交換などしても良いので、作業は無資格のアルバイトがする可能性があります

なので、整備能力は同じスタンドでも、手の空いている人が作業をするので、整備能力はバラバラという感じです。

実際に、ガソリンスタンドの場合は、指名がない限りは同じ人が担当するとは限りません。

なので、私自身も整備資格はないですが、スパークプラグの交換作業をガソリンスタンドの店員として、他人の車に何度かしたことがありました。

ガソリンスタンドによっても、車のことを知らない無知な高校生から、整備士以上に詳しく作業も手早くするアルバイトもいるので、整備レベルはスタンドによってバラバラですね。

当時の経験をもとに、思い出してみたプラグ交換費用は1本1000円程度でした。

大手カー用品店

スパークプラグ3」

■大手カー用品店
・オートバックス:1本500円~(税抜き)
・イエローハット:1本500円~(税抜き)

オートバックスの場合は、ゴールド会員になると消耗品の工賃は無料です。

信頼性という面では、いろんな作業をしているはずなので、経験は豊富だと感じます。

そのため信頼性はそれなりに高いと言えます。

費用も安いのでスパークプラグの交換は、大手カー用品店でしてもらうと良いと私は思います。

ただ、デメリットとしては、愛車に合うスパークプラグが店になく取り寄せになる可能性もあるということです。

車に合うプラグが店内になければ、一応在庫確認をして探してくれますが、なければ注文という形になります。

ディーラー

プラグ6

実際はそうでもない場合もありますが、基本的にはディーラーはいかなる交換も値段が高いと言われています。

私は実際に安い店を探すために、自宅周辺と別地域にあるディーラーに電話をかけまくったことがあります。

そのときに、発見した一番安いディーラーにプラグの交換をしてもらったのです。。

料金は、持ち込みで「4000円」+作業工賃がプラグ1本1000円でした。

一番信頼できる店ではありますが、やはり基本的に費用が高くなります。

ちなみに車検の時に、ディーラーでスパークプラグの交換を勧められることがあります。

でも、スパークプラグを交換しないと車検に通らないということはありません。

スポンサーリンク

スパークプラグは自分で交換して費用を抑えられる?

スパークプラグ4

スパークプラグはそこまで難しい作業を必要としないで自分で交換できます。

もちろん、慣れが必要ですが、ガソリンスタンドのアルバイトが交換できるレベルと思ってください。

交換には専用の工具が必要ですが、5,000円程度あれば購入できますし、それがあれば今後も自分で交換作業ができます。

必要なのは以下のような工具です。

■必要工具一覧
・ラチェットレンチ
・プラグソケット(各プラグに合うソケットを買う)
・場合によっては8mmのコンビネーションレンチ又はプラスドライバー、プライヤー

一昔前のエンジンは、プラグコードというものが付いていて、プラグコードを抜けばスパークプラグを簡単に交換する事が出来ました。

しかし、昨今の車は補機類によってプラグを覆い隠しているので、交換作業もそこそこ手間のかかるものへと変化しています。

補機類を外すためには、プラスドライバーやコンビネーションレンチ、場合によってはプライヤーなどの工具が必要になることもありますので注意が必要です。

スパークプラグ取り付けの注意点

スパークプラグ5

スパークプラグを締め付ける場合は、正しいトルクで締め付ける必要があります。

たとえば、スパークプラグを締め付けるトルクが低すぎる場合は燃焼ガスの漏れや、振動による緩みでエンジンやプラグに損傷を与える可能性があります。

しかし、逆にスパークプラグを締め付けすぎると、碍子とハウジングのカシメが緩み、気密性が低下し取り付けネジが破断する可能性もあります。

そのため、新品のスパークプラグを取り付けるときは、手で回せるところまでねじ込んだら、ラチェットハンドルでさらに1/2回転させます。

新品のスパークプラグではなく、点検目的で外したなら1/12回転程度に留めます

また、スパークプラグの交換では、異物がプラグの穴に落ちないように注意してください。

なぜなら、異物がプラグの穴に落ちると、シリンダーにダメージを与える可能性があるからです。

スパークプラグの役割の再確認

a5dbf1586b1eec2a229b17a9615786cd_s

交換時期や費用をご紹介して行きましたが、読み進めていく上で、「そもそもスパークプラグとは?」と思われた方のタメに、簡単にご紹介いたします。

知っている方は再確認してみてください。

スパークプラグとは、電気的に燃焼室で火花を発生させ、混合気とガソリン、ピストンなどの影響により燃焼室が圧縮され爆発するという工程で最も重要な役割を果たすパーツです

別名、スパークプラグは「点火プラグ」とも呼ばれています。

スパークプラグはエンジンが作動しているときは常に火花を飛ばしているパーツなので、定期的に交換しないと本来のエンジン性能が発揮できなくなります。

その結果、加速が徐々に悪くなっていくのです。

だから、寿命を知り、交換時期を見極めて交換する必要があるのです。

交換方法をイメージしやすいように作業の参考動画でご確認ください。

スポンサーリンク

スパークプラグの交換時期・費用まとめ

プラグ1スパークプラグの交換時期は、乗用車なら「15,000~20,000km」の走行距離を目安にして、軽自動車は乗用車の交換時期の半分が目安です。

イリジウムプラグの場合は、乗用車は「20,000km」で白金プラグの場合は「100,000km」となります。

軽自動車はイリジウムプラグの交換時期は「10,000km」で白金プラグは「50,000km」です。

費用に関しては、カー用品店が一番おススメです。

しかし、私が整備が好きだからということではありませんが、自分でできるようになるのが車をいじるということでは、楽しみを感じますし、愛着もわきますし、良いのではないかと考えます。

ただ、スパークプラグは基本的に自分で交換はできますが、工具を揃えないと作業はできませんので、それなりの準備が必要です。

ずっと自分でスパークプラグ交換をすると言うなら、工具を揃えておくのも良いですね。

ご参考になれば幸いです。

この記事を書いた人

ゆきちもの
家族で車で出かけることが好きなアラフォー2児の父親です。
趣味は筋トレと野球。プロテインが味方です。

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど
悩みが尽きない…

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一度の査定で最大5000社が
公開入札であなたの車の
買取価格を競ってくれるので、
あなたの車の最高額がわかるのです。


btn1-1


スポンサーリンク


スポンサーリンク