ランドクルーザーとマカンの比較!燃費と維持費、乗り心地はどうなの?

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1

ランドクルーザーとマカンの維持費や燃費はどっちが安いのか?

そして乗り心地の口コミはどっちの評価が高いのか?

今回は、ランドクルーザーとマカンの維持費・燃費・乗り心地について比較します。

スポンサーリンク

ランドクルーザーとマカンの燃費の比較

ランドクルーザー(トヨタ)は日本が世界に誇る代表的なSUV(本格クロスカントリー)タイプの車で、オフロードレースを中心に高い実績を誇っています。

グレードは以下の4つとなります。

・GX
4,739,040円

・AX
5,151,600円

・AX ”Gセレクション”
5,870,880円

・ZX
6,847,200円

全てのグレードに共通しているパワートレインは排気量4.608ccのV型8気筒エンジンを積んでおり、駆動は4WDで最高出力234(318)/5,600kW(PS)/r.p.m.という大迫力のポテンシャルを持っています。

エントリーモデルであるGXのみ5人乗りで、中級~上級モデルの他のグレードは8人乗りとなっています。

引用:https://toyota.jp/landcruiser/gallery/

一方のマカン(ポルシェ)ですが、同じSUVタイプでありながらコンセプトの違いがはっきり出ているようで、スポーツカーの特性を持つコンパクトサイズのSUV(クロスオーバー)となっています。

グレードは以下の3つとなります。

・Macan
6,990,000円

・Macan S
8,410,000円

・Macan GTS
9,810,000円

エントリーモデルであるMacanのパワートレインは排気量1,984ccの直列4気筒ターボエンジンを積んでおり、駆動は4WDで最高出力185(252)/5,000kW(PS)/r.p.m.となっています。

中級~上級モデル(Macan S、Macan GTS)のパワートレインは排気量2,996ccのV型6気筒ツインターボエンジンを積んでおり、駆動は4WDで最高出力250~265(340~360)/5,500~6,000kW(PS)/r.p.m.というランドクルーザーを凌ぐ勢いとなっています。

全てのグレードに共通して5人乗りとなっています。

引用:https://www.porsche.com/japan/jp/accessoriesandservice/exclusive-manufaktur/uniqueness/macan/

今回の比較ですが、マカンが5人乗りということからランドクルーザーはGXマカンはMacanという同じエントリータイプで比較します。

こちらの2台の燃費は以下のようになっています。

ランドクルーザー(GX)
カタログ(JC08モード)燃費:6.9km/L、実燃費:5.5km/L

マカン(Macan)
カタログ(JC08モード)燃費:13.0km/L、実燃費:9.0km/L

引用:https://www.porsche.com/japan/jp/models/macan/macan-model-1/macan/

なお、それぞれのメーカーでは使用燃料の指定が異なっています。

使用燃料

ランドクルーザー:無鉛ガソリン(レギュラー)

マカン:無鉛プレミアムガソリン(ハイオク)

また、ランドクルーザーの燃料タンクは93Lとなっており走行可能距離は510kmです。

マカンは65Lとなっていますので走行可能距離は580kmです。

燃費性能の大差もあってマカンの方が優れたパフォーマンスを出しています。

スポンサーリンク

ランドクルーザーとベンツGLAの維持費の比較

維持費について見ていきます。

比較条件として、5年ローン(低金利2.0%、頭金なし)と3年後の初回車検を通すこと、毎年の走行距離を10,000km(レギュラー:140円、ハイオク:160円)として計算します。

初回購入費用

新車を購入した際にかかる費用となりますが、自賠責保険料は同じものの、自動車取得税や重量税に違いが出てきます。

ランドクルーザー(GX)

自賠責保険
36,780 円(3年分)

自動車取得税
118,200円(車両価格90%相当+オプション費用に対する約3%)

自動車重量税
61,500円(0.5トンにつき4,100円×5倍×3年分)

マカン(Macan)

自賠責保険
36,780 円(3年分)

自動車取得税
174,500円(車両価格90%相当+オプション費用に対する約3%)

自動車重量税
49,200円(0.5トンにつき4,100円×4倍×3年分)

高級スポーツカーであるマカンの車両価格が高額なため、自動車取得税が割高である一方で、GXは2,430kg、Macanは1,830kgとなっていますので、自動車重量税はランドクルーザーの方が高くなっています。

年間維持費用

毎月や毎年かかる費用となりますが、保険料は同じ条件で組めるものの、ローン返済金額や自動車税、ガソリン代に違いが出てきます。

ランドクルーザー(GX)

ローン返済金額
996,360円(83,030円×12ヶ月分)

自動車保険
60,000円

自動車税
88,000円(4,500cc超~6,000cc以下)

ガソリン代
254,540円(10,000km÷5.5km/L×140円)

マカン(Macan)

ローン返済金額
1,470,240円(122,520円×12ヶ月分)

自動車保険
60,000円

自動車税
39,500円(1500cc超~2,000cc以下)

ガソリン代
177,7800円(10,000km÷9.0km/L×160円)

排気量による自動車税、燃費性能によるガソリン代でランドクルーザーが高くなっていますが、初回購入費用と同様に、車両価格の違いが響いて相殺するとマカンの年間維持費用が高いことが分かります。

法定点検費用

新車初年度は免除されますが、その後車検が来る1年前には法定点検(12ヶ月)が義務化されています。

大抵の場合、点検費用の他にオイル交換も行われることになります。

ランドクルーザー(GX)

点検費用
16,500円

オイル交換
7,000円

マカン(Macan)

点検費用
14,500円

オイル交換
5,000円

点検費用はランドクルーザーに費用がかかるようで、大きいサイズになればなるほど点検作業に時間がかかることが原因と言われています。

車検費用

新車購入時の初回は3年後、2回目以降は2年毎に義務付けられた継続点検のことを指します。

内訳は、自動車重量税の支払い、自賠責保険の支払い、法定点検(24ヶ月)にかかる費用、車検関連にかかる費用となっています。

ランドクルーザー(GX)

自動車重量税
41,000円(0.5トンにつき4,100円×5倍×2年分)

自賠責保険
25,830円(2年分)

点検費用
33,000円

部品交換費用
50,000円

諸経費
20,000円

マカン(Macan)

自動車重量税
32,800円(0.5トンにつき4,100円×4倍×2年分)

自賠責保険
25,830円(2年分)

点検費用
29,000円

部品交換費用
50,000円

諸経費
20,000円

同じ条件で比べるとランドクルーザーが大きい分費用はかかることになりますが、マカンともなると特別な工賃などがあり得ますのであくまで参考までとして下さい。

引用:https://www.porsche.com/japan/jp/models/macan/macan-model-1/macan/

その他費用

主に消耗品の交換のことを指していますが、特に2年~3年置きに交換する必要があるタイヤ購入費用に違いが出てきます。

ランドクルーザー(GX)のタイヤサイズは275/65R17ですので相場的には30,000円が目安となります。

マカン(Macan)のタイヤサイズはフロント235/60R18、リヤ255/55R18ですので、28,000~32,000円が目安となりそうです。

スポンサーリンク

ランドクルーザーとベンツGLAの乗り心地を比較

ランドクルーザーの乗り心地について口コミ情報を見ていきます。

口コミ1

すごく運転しやすいです。

平坦な道では落ち着いた動きという印象ですが、斜面を上がったり下がったりしたときにはグイグイと力強い動きをしてくれます。

アクティブトラクションコントロールとマニュアル感覚のシフト操作により、あらゆる路面を適切に走行できる運転を実感できることでしょう。

口コミ2

シートポジションが電動で操作できるので微調整できるのが嬉しいです。

シートから送風を出すことができ、梅雨や夏場のじめっとした感覚が無くなり爽快です。

シートベンチレーションはエアコンとシートヒーターとも連動しており、室内全体とともに背中や足腰に溜まる部分的な蒸れも解消してくれるようです。

引用:https://toyota.jp/landcruiser/performance/engine/

口コミ3

運転は自分ですることが多いのですが、疲れている時には妻に運転を代わってもらいます。

後部座席で足を伸ばしてくつろげるのでリラックスできます。

2列目シートは90mmのスライド調節が可能となっており、分割式で簡単に折りたたむことができますので自分一人の空間としても楽しめそうです。

引用:https://toyota.jp/landcruiser/interior/indoor_space_equip/

マカンの乗り心地について口コミ情報を見ていきます。

口コミ1

シートポジションは高いですが紛れもないポルシェのスポーツカーです。

厚みのあるシートはしっかりと体を固定してくれるので安心して運転できます。

マカンのコンセプトは伝統のポルシェイメージへ、5人乗りハッチバックのテイストを入れた結果だと言われており、たまたまコンパクトSUV車のジャンルに収まっただけというのが伝わってきます。

口コミ2
後部座席は広いという感覚はありませんが、同サイズのSUVと比べて狭い訳ではなく、むしろ運転席同等のシートがあるので心地良さを感じられると思います。

足を組んで乗るということはできませんが、高級素材を使ったシートのおかげで後部座席でも上質な空間が広がっているようです。

引用:https://www.porsche.com/japan/jp/accessoriesandservice/exclusive-manufaktur/uniqueness/macan/

口コミ3

街中で赤信号が目に入り減速して停止する間際、急にエンジンが静かになります。

青信号に変わりアクセルと踏むとエンジン音が伝わってくる感じが面白いです。

マカンのアイドリングストップ機能は車が停止する前にエンジンを切り、スタート時は滑らかにエンジンを稼働させるので、静かで外音も気にすることなく環境面で優しい構造になっています。

引用:https://www.porsche.com/japan/jp/accessoriesandservice/exclusive-manufaktur/uniqueness/macan/

運転のしやすさから言えばランドクルーザーとなりますが、ドライビングを楽しむとなれば、やはりスポーツカーであるマカンを推さないわけにはいきません。

乗り心地に関して、広くゆとりの室内空間を確保しているランドクルーザーは楽に移動できるメリットがあり、公道や高速道路でのアクティブな走りを楽しむのにはマカンといったところでしょうか。

スポンサーリンク

ランドクルーザーとマカンの比較!燃費と維持費、乗り心地のまとめ

ランドクルーザーと比べてかなり高額なマカン、維持費は大変ですが走行性能ではアイドリングストップ機能もあって低燃費を実現しており、さらにポルシェ特有のスポーティーな走りを体験することができます。

引用:https://www.porsche.com/japan/jp/models/macan/macan-model-1/macan/

一方のランドクルーザーは、強力なパワートレインにおかげでどのような路面でも安定した走破性を持ちつつも、室内は静寂性に包まれた居心地の良さを表現してくれています。

引用:https://toyota.jp/landcruiser/gallery/

今回はそれぞれの良さが対比的に確認できたように思えますので、自分の好みがはっきりと別れてくるのではないでしょうか。

ランドクルーザーとベンツGLAの比較!燃費と維持費、乗り心地はどうなの?

2019.05.07

ランドクルーザーとプジョー5008の比較!燃費と維持費、乗り心地はどうなの?

2019.05.10

ランドクルーザープラドとティグアンの比較!燃費と維持費、乗り心地はどうなの?

2019.05.13

ランドクルーザープラドとBMW X2の比較!燃費と維持費、乗り心地はどうなの?

2019.05.13

ランドクルーザープラドとプジョー5008の比較!燃費と維持費、乗り心地はどうなの?

2019.05.13

キャッチ画像
上:https://toyota.jp/landcruiser/
下:https://www.porsche.com/japan/jp/models/macan/macan-models/

この記事を書いた人

にわとりぃ
誰かの為になる記事を書くことを意識して日々精進しています。
この記事があなたの参考になれば幸いです。



下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1