スイフトVSフィット比較!どっちがお得?維持費・燃費・乗り心地を比較

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1

スイフトは、スズキから発売されているハッチバック型コンパクトカーです。

「走る・曲がる・止まる」をしっかり作りこんだ車種であるとして世界中で高い評価を得ています。

そんなスイフトですが、コンパクトカーのライバル車種として立ちはだかるのがホンダ・フィットです。

今回はそんな2台を維持費・燃費・乗り心地の3つの観点で比較し、どちらがお得なのかを考えてみましょう。

スイフトとフィットの維持費を比較

img01 (3)

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/swift/styling/

まずは、スイフトとフィットの維持費を計算してみましょう。

計算前の前提条件

以下、計算に使う条件です。

  • 比較グレード:「スイフト 1.2L RS 2WD」「フィット 1.3L 13G・L Honda SENSING 2WD」
  • 購入費用は計算に入れない
  • 年間走行距離:1万キロ
  • ガソリン代:レギュラー136円(2019年1月30日現在のガソリン全国平均値)
  • 燃費:スイフト:16.8km/L、フィット:17.22km/L(カタログ記載燃費の70%)
  • 任意保険料金:月4,000円
  • 駐車場代:月8,000円
  • 車検費用(重量税・自賠償込み):14万円

スイフトの維持費

img03

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/swift/styling/

上記の条件で計算した結果、スイフトの年間維持費は以下の通りです。

  • ガソリン代:80,952円
  • 駐車場代:96,000円
  • 車検費用:48,650円
  • 任意保険:48,000円
  • 自動車税:34,500円
  • 自賠責(年概算):16,350円
  • 自動車重量税:5,000円
  • 合計年間維持費:32.9万円

フィットの維持費

pic_styling_gallery03_01

引用:https://www.honda.co.jp/Fit/webcatalog/styling/design/

上記の条件で計算した結果、フィットの年間維持費は以下の通りです。

  • ガソリン代:78,978円
  • 駐車場代:96,000円
  • 車検費用:46,150円
  • 任意保険:48,000円
  • 自動車税:34,500円
  • 自賠責(年概算):16,350円
  • 自動車重量税:7,500円
  • 合計年間維持費:32.7万円

比較してみた

img04 (1)

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/swiftsport/styling/

では、2台の維持費を比較してみましょう。

といっても、ガソリン代以外は拮抗しています。

ガソリン代ではフィットの方が2,000円くらい安いですが、自動車重量税がフィットの方が2,500円ほど高くなっています。

そして車検費用もフィットの方が2,000円ほど安い。

これらの差が積もり積もった結果、フィットの方が2,000円ほど安くなる計算になりました。

これはもはや、差がないといってもよいでしょう。

消耗品を1つ購入するだけで簡単にひっくり返ってしまうほどの僅差です。

というわけで、2台の維持費対決は引き分けとさせていただきます。

スイフトとフィットの燃費を比較

pic_image_01_sp

引用:https://www.honda.co.jp/Fit/webcatalog/styling/design/

続いて、スイフトとフィットの燃費の比較をしていきましょう。

燃費が良い車はガソリンを使わないので、それだけ経済的といえますよね。

スイフトの燃費

img01 (2)

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/swiftsport/styling/

まずは、スイフトの燃費をグレードごとにご紹介していきましょう。

  • ハイブリッドSL/ハイブリッドSG:32.0km/L
  • ハイブリッドRS(2WD)/ハイブリッドML(2WD):27.4km/L
  • ハイブリッドRS(4WD)/ハイブリッドML(4WD):25.4km/L
  • RS(2WD・CVT)/XL(2WD・CVT)/XG(2WD・CVT):24.0km/L
  • XG(2WD・5MT):23.4km/L
  • RS(4WD)/XL(4WD)/XG(4WD):22.8km/L
  • RS(2WD・5MT)/XL(2WD・5MT):22.6km/L
  • RSt:20.0km/L
  • スイフトスポーツ(6MT):16.4km/L
  • スイフトスポーツ(6AT):16.2km/L

フィットの燃費

pic_image_02_sp

引用:https://www.honda.co.jp/Fit/webcatalog/styling/design/

続いて、フィットの燃費をグレードごとにご紹介していきましょう。

  • ハイブリッド/ハイブリッド・F/ハイブリッド・L Honda SENSING/ハイブリッド・S Honda SENSING(すべて2WD):37.2km/L
  • ハイブリッド/ハイブリッド・F/ハイブリッド・L Honda SENSING/ハイブリッド・S Honda SENSING(すべて4WD):29.4km/L
  • 13G・F/13G・L Honda SENSING/13G・S Honda SENSING(すべて2WD・CVT):24.6km/L
  • 15XL Honda SENSING(2WD):22.2km/L
  • 13G・F/13G・L Honda SENSING/13G・S Honda SENSING(すべて2WD・5MT):21.8km/L
  • RS Honda SENSING(2WD・CVT):21.0km/L
  • 13G・F/13G・L Honda SENSING/13G・S Honda SENSING(すべて4WD・CVT):20.2km/L
  • 15XL Honda SENSING(4WD・CVT):19.4km/L
  • RS Honda SENSING(2WD・6MT):19.2km/L

比較してみた

では、2台の燃費を比較してみましょう。

最も燃費が良かったのは、フィットのハイブリッドモデル、なおかつ2WDであるモデルの37.2km/Lです。

この数値は驚異的です。

最大車重はおよそ100kgスイフトの方が軽いのに、5kmも長く進めるのは信じられません。

逆に最も燃費が悪かったのはスイフトスポーツの6速AT車の16.2km/Lです。

ただ、これはスイフトスポーツがスポーツ走行特化型であるから、という明確な理由が存在します。

スポーツモデルは燃費云々を語る車ではありませんからね。

ちなみにスイフトの走行性能をまとめた記事がありますので、興味ある方はスイフトの加速性能はどれほどか?加速フィーリングや0-100km/hタイムは?へどうぞ!

スイフトスポーツを除けば、最も燃費が悪かったのはフィットRS Honda SENSINGの無段変速2WDモデルで19.2km/L

つまり、最高も最低もフィットというわけです。
img04

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/swift/styling/

どちらも多くのグレード・価格設定をラインナップし、またそれぞれに燃費の長短もあって、お客さんが最適なグレードを探すことができるという点では共通しています。

また、軽量コンパクトなボディで日本の道路事情に合致しているという点でも共通です。

とはいえ、あれだけの驚異的な燃費を加味してみると、これを引き分けといってしまうのはフィットがあまりにもかわいそう。

というわけで燃費ではフィットの勝利です。

スイフトとフィットの乗り心地はどうなの?

img10

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/swiftsport/styling/

最後に、スイフトとフィットの乗り心地を比較してみましょう。

乗り心地の良い車がどうお得か、といわれるとうまく説明できませんが、どちらも安価なコンパクトカーですし、乗り心地が良ければ値段以上の価値があると判断できるのではないでしょうか。

スイフトの乗り心地

まず、スイフトの乗り心地について、今回は口コミから考察してみましょう。

  • 乗り心地フツーに良かった(個人的に)。スピードにのればスムーズな乗り心地になる感じ??低速域も悪くないし。
  • 乗り心地は悪くないです。高速になればなるほど滑らかになる感じの乗り心地です。低速域もいいですよ。
  • スイフトスポーツほど硬くないけど、これぐらいの硬さであれば問題ありません。
  • 硬めの乗り心地ですが、不快な硬さではありません。特に低速域では硬さが際立ち振動が伝わってきますが、速度域が上がると、しっかりと快適になってきます。これがRSの欧州セッティングのなせる業と感じています。
  • 足は硬いが不快ではない。
  • スイフトは足が硬いと言われていますが、ホンダの硬さに慣れているせいか、むしろ柔らかく感じます。でも浮遊感は全く無く、しっかりと路面を踏みしめて走ってくれる感じです。多くのスイフトユーザーが感じるように「キビキビ走る」というのがピッタリな表現です。
swiftimg16

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/swift/styling/

いかがでしょうか?

走りに重点を置いた車なので乗り心地に関していえばその辺のミニバンやセダンの方がよいでしょう。

この車と同ランクの車達はたいがいスポーツ走行用に硬めの足回りをしていますが、それらと比較すれば街乗りでも十分に対応できる乗り心地ということです。

強いて乗り心地を比較するなら、トヨタ・C-HRやホンダ・ヴェゼル、ホンダ・シビックタイプRなどとの比較が大事になって来そうですね。

フィットの乗り心地

続いて、フィットの乗り心地についても口コミから考察していきたいと思います。

  • アバウトな言い方ですが、良い方の乗り心地です。
  • 長距離でも全く疲れません。シートが体にフィットするので座り心地も良いです。
  • ダンピングの効いた乗り心地。大きなデコボコに対してショックは伝わるものの、丸く収めて伝える感じ。ボディ剛性も高いせいか共振することはない。
  • 普段使いには問題ないレベル。
  • アイドリングでは不快な振動を感じることもなく、高速域でも静かで個人的にはこれ以上望むものはないです。
pic_image_05_sp

引用:https://www.honda.co.jp/Fit/webcatalog/styling/design/

いかがでしょうか?

フィットに関していえば、どのグレードも意見が2つに割れています

スイフトもフィットも良い方の口コミを選んで掲載していますが、フィットの場合はその乗り心地に対する不満が比較的多い印象を受けました。

おそらく様々な走行環境に適応するためによくある「硬めの柔らかい脚」に仕上げているのだと見受けますが、これを「適度に段差をいなしてよい」ととらえる人と「ふわふわしている」ととらえる人が二分されていました。

というわけで、これは正直僅差ですが、比較的良い意見が多かったスイフトの勝利とします。

スイフトとフィットの比較をまとめてみた

pic_image_03_sp

引用:https://www.honda.co.jp/Fit/webcatalog/styling/design/

以上、ここまでスイフトとフィットを比較してきました。

燃費に関してはフィットが、乗り心地に関してはスイフトが勝利しました。

お互い、得意とする土俵で勝ったイメージです。

ただ、どちらもよい車であることには間違いがありません。

あとは皆さんが、自身の重要視する観点で良し悪しを判断してください。

関連記事:

スイフトの内装をカスタムしておしゃれに乗りこなそう!改造パーツの種類は?
スイフトのホイールをサイズアップして純正品からワンランク上を目指そう!
スイフトの馬力はどのくらいあるの?馬力をアップさせることはできるのか?
スイフトの加速性能はどれほどか?加速フィーリングや0-100kmタイムは?
スイフトのマフラーを交換するならどれがおすすめか。マフラーカッターは?
スイフトをカスタムカーに仕立て上げるパーツをまとめてみた。
スイフトのタイヤサイズを変えたら走行フィールはどう変わる?!
スイフトVSヴィッツ比較!どっちがお得?維持費・燃費・乗り心地を比較

アイキャッチ画像引用:https://www.honda.co.jp/Fit/webcatalog/styling/design/

この記事を書いた人

マッチャマン
車好きなアラフィフのおっさんです。
若かりし頃はS13シルビアで峠を攻めていましたが、
子供ができてからは専らファミリーカーで大人しくしていました。
子育ても終盤に差し掛かり、スポーツカーへの返り咲きを
画策している今日この頃です。

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど
悩みが尽きない…

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1